乳製品の市場規模、2027年に5,743億米ドル到達予測

乳製品の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR4.7%で成長し、2027年には5,743億米ドルに達すると予想されています。乳製品は、健康的な食生活の重要な要素であり、世界各国で大きな需要があります。健康志向の高い人々の要求に対応するメーカーが、世界各国には多く存在します。世の中のトレンドや人々の嗜好に伴い、ラクトースフリー、低脂肪、コレステロールフリーなどの乳製品が、新製品が市場に登場しています。

市場の急成長は、乳製品の消費量の増加と、多くの人がタンパク質の豊富な食事を好むようになっていることに牽引されています。また、近代的な小売施設やコールドチェーン物流により、乳製品の入手が容易になったことも市場の成長を後押ししています。さらに、COVID-19パンデミックの影響で、オンライン流通チャネルを通じた乳製品の販売が増加していることも大きな要因です。乳製品には、リボフラビン、カルシウム、ビタミンA、ナイアシン、カリウム、ビタミンD、リンなど、体に良い栄養素が含まれています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生に伴い、その栄養価の高さから、乳製品の需要が高まっています。パンデミックの蔓延は、多くの分野に多様な影響を与えています。乳製品市場においては、その摂取量を増やすことが提唱されているため、需要が増加しています。

製品タイプ別見通し

市場は、製品タイプ別に、牛乳、ヨーグルト、チーズ、バター、その他に分類されます。2020年は、牛乳セグメントが最も高いシェアを占め、今後もこの傾向が続くと推定されます。カルシウムやタンパク質などの栄養価が高いことから、新興国での牛乳消費量が増加していることが、この高成長の要因となっています。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、その他に分類されます。オンラインセグメントは、最も速い成長を示すと推定されます。これは、オンラインチャネルの高い利便性に起因しています。乳製品を販売するオンラインチャネルは、Sainsbury’s、Ocado、Just Milk、Mr.Case、Walmartなどが有名です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]