航空救急サービスの市場規模、2027年に121億米ドル到達予想

航空救急サービスの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR11.4%で成長し、2027年には121億米ドルに達すると予想されています。航空救急機には、心臓モニター、人工呼吸器、除細動器などの高度な医療機器やアクセサリーが搭載されており、患者に予備的な救急医療を提供します。また、通信システムの技術開発により、患者の健康状態をリアルタイムで病院の医療従事者に伝えることができるため、医師は緊急事態に備えて事前に準備をすることができます。

航空医療サービスの需要は、世界中でがん、糖尿病、心血管疾患などの慢性疾患の患者が増加していることで高まっています。また、高齢化は様々な病状を引き起こす大きな要因となっています。国連の発表によると、2019年には65歳以上の人口が7億300万人となり、2050年には15億人に達すると言われています。老年人口の増加は、航空救急サービス市場の成長を促進すると考えられます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの状況下には、各国でロックダウン規制が行われるため、ヘリコプターによる救急医療サービスの要請に拍車がかかることが観測されています。加えて、パンデミックの影響で医療分野への投資が増加しており、航空救急サービスの需要が促進されると考えられます。空輸業者は、患者やその家族、乗務員、救急隊員などをコロナウイルスの蔓延から守ることを目的に、安全プロトコルを導入しています。航空救急機の需要は急増しており、今後もさらに増加することが予想されています。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、回転翼と固定翼に分けられます。固定翼機は、回転翼機に比べて燃料容量が大きいため、長距離の移動が可能となります。一方、短距離の移動にはプロペラ機が使われる傾向があります。プロペラ機の中にはターボプロップと呼ばれる種類の物もあり、長距離移動や郊外への移動に利用されます。

モデル別見通し

市場は、モデル別に、コミュニティベースと病院ベースに分けられます。コミュニティベースのセグメントは、今後も有望な成長を示すと予測されます。コミュニティベースのサービスモデルは、独立したオペレーターが地域に拠点を設け、複数の地域やサービスモデルに対応します。この事業者は、FAA(米国連邦航空局)の証明書を取得し、独自の医療スタッフと飛行スタッフを雇用しています。コミュニティベースの航空救急サービスの成長は、農村部からの医療サービスの需要によって後押しされています。また、病院との固定契約ではなく、患者の移送から直接収入を得ることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]