グランピングの市場規模、2027年に39億米ドル到達予想

グランピングの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR17.5%で成長し、2027年には39億米ドルに達すると予想されています。グランピングとは、伝統的なキャンプに豪華さを融合させた概念で、テントの中に快適なベッドと充実した高級品を備えた現代的なコンセプトを有します。人々は豪華な設備を備えることで、何の心配もなくキャンプを楽しむことができます。派手な施設ではなく体験型の旅行を好む人や、豪華な旅行に出費を惜しまない人などが、グランピング滞在を採用する動機となっています。また、グランピングサイトでは、エキゾチックな景色とともに、豪華なサービスやアメニティが用意されており、新規の若い旅行者がサービスを利用することを促しています。

健康に対する意識の高まり、観光インフラの整備、消費者の可処分所得の増加などの要因が、グランピング市場に新たな成長の道を開くと期待されています。さらに、豪華なサービスやアメニティを利用できることや、自然との触れ合いを求める多くの旅行者の存在が、今後のグランピング市場の成長を後押ししています。ソーシャルメディアやインターネットの普及により消費者層が拡大していることも、グランピング市場の成長を促進する要因となります。一方、レクリエーションビークルの普及に伴い、消費者の多忙なスケジュールが市場の抑制要因となります。

Covid-19パンデミックからの回復後は、グランピングはさらに人気を集めると予測されます。X世代とミレニアル世代がグランピングに高い関心を示しており、世界中でその需要が急増すると思われます。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、キャビン&ポッド、テント、ユルト、ツリーハウス、その他に分かれます。テントセグメントは、今後も有望な成長を示すと予測されます。伝統的なキャンプの本質を維持しているテントは、同時に豪華設備を備え、広い窓から素晴らしい景色を楽しむことができます。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリ別に、18~32歳、33~50歳、51~65歳、65歳以上に分類されます。2020年は、18~32歳のセグメントが最も高いシェアを獲得しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]