スマートシェルフの市場規模、2027年に78億米ドル到達予想

スマートシェルフの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR22.3%で成長し、2027年には78億米ドルに達すると予想されています。スマートシェルフとは、トランジスタで作られた棚に、RFID(Radio Frequency Identification Reader)センサーを組み合わせたもので、センサーは棚の内部、上部、または裏側に組み込まれています。現代では、スマートシェルフは、最適化を助け、売上を向上させるため、ハイパーマーケットで採用されています。

消費者は、スマートシェルフが組み込まれたハイパーマーケットを好みます。スマートシェルフは、消費者が商品を取り出す際に割引や特典を提供します。その他多くの利点から、顧客やハイパーマーケット双方にメリットをもたらし、市場全体の成長を促進しています。スマートシェルフは、低価格帯在庫の自動警告、盗難の識別、消費者の嗜好の観察、オペレーション管理などのメリットを提供します。また、これらの機能が採用されていない従来の棚では、従業員の効率が低下し、販売数も少なくなっています。

COVID-19パンデミックの発生により、リモートワーク文化とデジタル技術は革命的に変化しました。小売業においても、プラノグラム、在庫、価格、オファー、商品のコンテンツ管理などをリアルタイムで追跡・監視する必要があり、スマートシェルフの採用にも影響しています。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分かれています。ハードウェアは、RFIDタグ&リーダー、カメラ、デジタルディスプレイ、電子棚札、IoTセンサー、その他に分類されます。ソフトウェア&ソリューションセグメントは、今後、最も高いCAGRを示すと予想されています。ソフトウェア&ソリューションは、棚のコンポーネントとクラウドサーバーやゲートウェイとの接続を開発するために利用される、重要なプラットフォームと考えられています。スマートシェルフのソフトウェア&ソリューションの主な用途としては、店舗内での実行、プロモーションの遵守、カテゴリー分析とプランニング、店舗のモニタリングとインテリジェンス、在庫の最適化、価格とプラノグラムのモニタリングなどが挙げられます。

組織規模別見通し

市場は、組織規模別に、大企業と中小企業に分けられます。2020年は、大企業セグメントが市場を支配し、2021年から2027年の間にCAGR21.3%で成長すると予測されます。中小企業市場は、同時期、CAGR 25.3%で成長すると予測されています。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、在庫管理、価格管理、コンテンツ管理、プラノグラム管理、その他に分類されています。価格管理セグメントは、今後も高いCAGRを示すと考えられます。価格管理は、大規模な競争や消費者のハイパーコネクテッド化など、さまざまな側面から、その必要性が高まっています。消費者は、商品価格に、安さではなく適正さを求めており、流通チャネルとつながることで、常に異なるチャネル間の価格を比較しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]