スマートセンサーの市場規模、2027年に899億米ドル到達予想

スマートセンサーの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR12.8%で成長し、2027年には899億米ドルに達すると予想されています。高い操作性で制御と監視を可能にする、新たな技術が、スマートセンサーとして知られています。水分、光、動き、熱、圧力などの物理的な事象を検出し、ディスプレイ上に生成することで、情報を電子的に送信して、信号処理、統合アルゴリズム、デジタルインターフェースによる処理を行います。これらのセンサーは、極めて正確な環境データを、最小のノイズレベルで収集することができます。

スマートセンサーは、機械間通信や分析などの新時代のITソリューションや、プロセスに不可欠な温度や圧力加速度などの変動を計算するために使用されます。スマートシティ、スマートグリッド、スマートエンバイロメント(森林火災管理、積雪監視、地震の早期発見など)、防衛、自動車、スポーツ、エレクトロニクスなどの分野で、これらのデバイスの導入が進んでいます。

COVID-19パンデミックにより、製造業の活動が打撃を受けたため、スマートセンサー市場の成長は低下しています。一方、世界中でスマートグリッドやスマートシティなどのIoTベースのインフラが急速に加速していることに伴い、スマートテクノロジーへの需要に対応する企業の要望から、スマートセンサー市場は今後数年間で回復すると考えられます。さらに、世界的なパンデミックの影響で、多くの企業がIoTベースの技術でフレームワークをアップグレードしており、将来このようなパンデミックが再び発生しても生産活動を継続できるようになっています。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、イメージセンサー、モーションセンサー、タッチセンサー、圧力センサー、温度センサー、ポジションセンサー、ライトセンサー、その他に分かれます。今後は、温度センサーが、最高のCAGRで成長すると予測されます。また、温度センサーは、計測制御システムや計測器に幅広く利用されており、デジタルフォーマットで解釈できる温度測定値を提供し、自動車、ヘルスケア、ビルディングオートメーションなどの様々なアプリケーションで簡単に使用できます。

エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、家庭用電化製品、自動車、工業、ヘルスケア、社会インフラ、その他に分類されます。家庭用電化製品業界は、大手企業間の競争が激化しているため、常に変化し続けています。イメージセンサー、モーションセンサー、温度センサー、タッチセンサー、圧力センサーなどのスマートセンサーは、ユーザーに快適さと操作性を提供するために、家庭用電化製品に使用される重要な部品です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]