スマートガスメーターの市場規模、2027年に28億米ドル到達予想

スマートガスメーターの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR4.7%で成長し、2027年には28億米ドルに達すると予想されています。スマートガスとは、パイプラインを流れるガスの体積、圧力、温度などの主要パラメータを自動的に測定することができる新しい技術を指します。一人ひとりにガスを供給するためには、商業施設、工業施設、住宅などにスマートガスメーターを導入することが理想的であり、今後の課題でもあります。

各国政府の政策や規制により、スマートガスメーター市場は世界のGDPに貢献しています。世界のGDPは、ガス探査会社とスマートガスメーターメーカーの提携によって支えられているとも言えます。スマートガスメーター市場は、ガスメーターに差異がないという事実により、今後、急速に成長すると思われます。加えて、安全性に関する懸念や規制の急増により、市場は多岐にわたる成長を遂げると予測されます。

電力会社が利用するメーターと中央システム間の双方向通信を効率化するために、エネルギーの消費量が増加していることが、スマートメーター市場の成長を刺激しています。スマートメーター市場は、政府の支援策により、一層促進されると思われます。また、新興国の経済成長に伴い、新たな成長の道筋が見えてきています。一方、COVID-19パンデミックにより、市場はマイナスの影響を受けています。世界的に厳しい封鎖が行われているため、サプライチェーンに混乱が生じ、スマートメーターの開発に使用される原材料の輸出入に問題が生じています。

タイプ別見通し

タイプ別では、スマートダイアフラムガスメーターとスマート超音波ガスメーターに分類されます。2020年は、スマートダイヤフラムガスメーターが市場を支配し、予測期間中CAGRは4.4 %で成長すると思われます。スマート超音波ガスメーターは、同期間、CAGR 5.1 %で成長すると予測されます。

技術別見通し

市場は、技術に基づいて、自動検針(AMR)と先進的検針インフラ(AMI)に分けられます。今後は、自動検針AMRセグメントが圧倒的なシェアを占めるお予測されます。手頃な価格のスマートガスメーターに対する需要や、手作業を必要としない自動検針への要求などが、スマートガスメーター市場全体を押し上げています。

エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、住宅、商業、産業に分けられます。2020年は、住宅セグメントが市場を支配し、2021年から2027年の間にCAGR4.2 %で成長すると考えられます。商業用市場は、同期間にCAGR 5.2%で成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]