速効性インスリンの市場規模、2027年に114億米ドル到達予想

速効性インスリンの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR5.6%で成長し、2027年には114億米ドルに達すると予想されています。速効性インスリンは、15分後に作用する最も速効性のインスリンで、その活性化は5時間持続すると報告されています。市場に存在する速効性インスリンには、Humalog、Fiasp、NovoRapid、Apidraなどがあります。

速効性インスリンは、食事によるインスリン分泌を模倣して作られたインスリン製剤で、通常のインスリン製剤に比べて反応が速いため、糖尿病患者が食事の前に点滴で摂取することができます。速効性インスリン市場の発展は、糖尿病の治療に必須です。しかし、臨床上の安全性や有効性については、研究者や専門家の管理が必要となります。

速効性インスリンの機会分析評価を行うことで、一定のグルコース追跡の可用性が高くなり、以前は実現できなかった複雑な分析を支援します。これは、最新の速効型インスリン機会分析が、規制および科学的コンプライアンスに必要なHbA1cレベルを超える最適な血糖コントロールを提供するかどうかを知るのに役立ちます。

製品タイプ別見通し

市場は、製品タイプ別に、インスリンリスプロ、インスリンアスパルト、インスリングルリジンに分類されます。今後は、インスリンリスプロが高い成長率を示し、最高シェアを獲得すると考えられます。これは、急速な皮下吸収、早期かつ高いインスリンピーク、短い作用時間など、製品が提供する優れた利点によるものです。

適応症別見通し

市場は、適応症別に、1型糖尿病と2型糖尿病に分けられます。今後は、2型糖尿病が高いシェアを占めると予測されます。これは、都市化の進展、不健康な食生活、運動不足などにより、2型糖尿病患者が増加している事に起因しています。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、病院薬局、ドラッグストア・小売薬局、オンラインプロバイダーに分類されており、ドラッグストア・小売薬局セグメントが最大シェアを獲得しています。これらの薬局では、処方されたインスリンがない場合に、インスリンの代替品を提供する事が出来ます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]