眼科手術室用顕微鏡の市場規模、2027年に6億4570万米ドル到達予測

眼科手術室用顕微鏡の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR5.4%で成長し、2027年には6億4570万米ドルに達する見込みです。眼科用顕微鏡は、人間の目のあらゆる部分を高コントラストで詳細に撮影できるように作られています。アポクロマートレンズは光の透過率が高く、少ない光量でも優れたイメージングを可能にします。眼科用顕微鏡は、明確な視覚化、比類のない被写界深度、優れた人間工学、より効果的なワークフローを提供します。眼科手術用顕微鏡は様々な種類が開発されており、固定式とフレキシブル式があります。また、2人目の観察者用の双眼鏡を提供するモデルもあり、独立してフォーカス機構を調整できるものもあります。

高齢者人口の急増や低侵襲眼科手術の普及などから、眼科手術用顕微鏡市場の成長が期待されています。さらに、同市場は、世界中で目に関連する病気の症例が増加していることによって促進されると予想されます。一方で、医療機器の輸入を制限する関税の急増は、市場の発展を妨げる脅威となっています。さらに、市場の成長を妨げるもう一つの要因は、メンテナンス価格の高さです。しかし、眼科手術室用顕微鏡市場は、眼科学における研究開発活動と眼科イメージングの進化によって後押しされています。

COVID-19パンデミックでは、米国、インド、中国、日本、ドイツなどの主要国で一貫したロックダウンが行われているため、必需品以外の製造ユニットは、ほぼ全てがロックダウン状態にあります。COVID-19の症例の増加は、緊急性のない手術や治療に遅れを引き起こし、その結果、病院での手術トレーニングが減少し、患者の通院回数も減少しています。これに加えて、眼科の定期検査は医師と患者が密接に接する環境で行われるため、眼科医の交差感染源となる可能性があります。

適応症別見通し

市場は、適応症別に、トラベクラクトミー、白内障手術、レーシック、角膜形成手術、その他に分類されます。2020年は、白内障手術が最も高いシェアを獲得しました。American of Ophthalmologyの調査によると、北米では約2,440万人が白内障に罹患しており、2030年にはさらに3,870万人増加すると言われています。

製品別展望

市場は、製品別に、キャスター付き、テーブルトップ、天井取り付け、壁取り付けに分けられます。2020年は、キャスター付きセグメントが高いシェアを獲得し、今後も同様の傾向を示すと考えられます。これは、キャスター付き顕微鏡が提供する効率的な操作や再配置機能などの利点が、手術時間の短縮に貢献しているためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]