肉エキスの市場規模、2027年に208億米ドル到達予想

肉エキスの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR6.3%で成長し、2027年に208億米ドルに達すると予想されています。肉エキスは、脂肪分の少ない肉から調製され、肉の缶詰、ソース、シチュー、ポットパイ、スープ、グレービーなどのレギュラーフレーバー添加剤として使用されます。肉エキスはその風味から、有用な添加物として様々な製品に利用されています。その使用量は、食品の種類によって異なり、有用な味と香りは、低濃度でもアイテムの味を向上させます。

すぐに食べられる食品の消費が急増していること、タンパク質の消費が増加していること、食品製造分野で幅広い用途があることなどが、肉エキス市場に成長機会をもたらします。世界の肉エキス市場は、大規模な流通チャネルにより明るい展望が開けています。一方、製造プロセスや承認に関する政府の厳しい基準が、市場の成長を妨げる可能性があります。

COVID-19パンデミックの発生により、世界中の政府がウイルスの拡散を抑制するための監禁措置を実施しています。COVID-19は、生産工程や需要に直接影響を与え、サプライチェーンや市場に混乱を生じさせ、企業や金融市場に財務的な影響を与えています。その結果、肉エキスの生産は、製造工場や生産ユニットの閉鎖により、大きな混乱に陥りました。さらに、渡航禁止も肉エキス市場の成長を妨げる要因のひとつとなっています。

アプリケーション別展望

市場は、アプリケーション別に、産業用と商業用に分類されます。2020年は、産業用アプリケーションセグメントが最大シェアを獲得しました。ラム、ポーク、フィッシュ、ビーフ、チキンなどから抽出された肉エキスは、ナゲット、スープパウダー、レディミール、スープ、スナック、コーティング、ブイヨンキューブ、ソース、調味料、ストックパウダーなどの製造に利用されます。

形状別展望

市場は、形状別に、パウダー、ペースト、リキッド、グラニュールに分類されます。2020年は、パウダーセグメントが市場を支配しました。肉エキスパウダーは、牛肉、鶏肉、豚肉、魚から抽出されたミートストックの形態で、スープや液体ベースの食品のダシを作るために利用されます。この製品は、水への溶解性が高く、独特の肉の香りを特徴とします。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、牛肉、鶏肉、魚、七面鳥、豚肉、その他に分けられます。肉エキス市場は、入手のしやすく経済的であることから、鶏肉製品に牽引され、さらに拡大しています。鶏肉は、他の肉類に比べて高タンパク質であるため、フィットネス愛好家の消費者の間で大きな支持を得ています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]