IIoTプラットフォームの市場規模、2027年には148億米ドル到達予想

IIoTプラットフォームの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR13.2%で成長し、2027年には148億米ドルに達すると予想されています。インダストリー4.0の恩恵を受けるために、メーカーは製造プロセスからデータにアクセスする必要があります。産業データを認識、最適化、分析するために、メーカーの大半は、AI、ビッグデータ、機械学習の可能性を最大限に活用し、産業用モノのインターネット(IIoT)プラットフォームを導入しようとしています。メーカーは、常にデジタルトランスフォーメーションを目指しており、IIoTプラットフォームの魅力が、多くの企業の注目を集めています。

ソフトウェア、ハードウェアシステム、センサー、その他のデータポイントからのデータは、IIoTプラットフォームによって統一された環境に集められ、様々なグループのユーザーがこのデータにアクセスできるようになります。IIoTプラットフォームは、データを統一されたシステムに集約することで、人、機械、システム間のギャップを縮めます。これは、一般的にはクラウドに集約されますが、オンプレミスやエッジに集約されることもあります。IIoTプラットフォームを利用することで、データ分析、接続性、予測、制御を強化し、産業エコシステムにおける意思決定プロセスを促進することができます。メーカーがIIoTプラットフォームを求める場合、通常は、ダウンタイム、品質管理、生産、廃棄物などへの影響について、洞察を得たい場合です。

COVID-19パンデミックの発生により、多くのビジネスに障害が発生しており、産業、企業、政府部門もこれに含まれます。しかし、最近では、世界各国で封鎖規制が緩和されつつあり、さまざまな業種の企業が事業を再開しています。今回のパンデミック状況下では、製造業、医療、公共事業、輸送・物流などの、IoTデバイスの導入が進んでいます。

オファリング別展望

市場は、オファリング別に、プラットフォーム(サービスなし)とサービスに分かれています。プラットフォームセグメントは、さらに、デバイス管理プラットフォーム、アプリケーションイネーブルメントプラットフォーム、コネクティビティ管理プラットフォームに分類されます。一方、サービスセグメントは、システム統合・展開サービス、コンサルティングサービス、サポート・保守サービスに分類されます。今後は、サービスセグメントが突出したCAGRを示すと予測されます。多くのティア1ベンダーが、企業のエコシステム全体のモニタリングを支援し、ビジネスプロセスの効率性と生産性を高めるサービスを提供しています。

産業別展望

市場は、産業別に、エネルギー・公益事業、物流・輸送、機械製造、食品・飲料、半導体・エレクトロニクス、化学・素材、自動車、その他に分類されます。プロセス産業では、原材料を使用して製品を生成するために、レシピや数式を利用します。資源から製品への加工を担うプロセス産業では、原材料を化学製品や飲料などに変換することに常に焦点をあてています。また、プロセス産業は、エネルギー・ユーティリティー、食品・飲料、製品・材料、水・廃棄物管理、製薬、鉱業・金属、パルプ・製紙など、さまざまな業界で構成されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]