食品加工装置の市場規模、2027年に789億米ドル到達予想

食品加工装置の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.3%で成長し、2027年には789億米ドルに達すると予想されています。食品加工装置は、原料となる食品を消費可能な状態に加工するために使用されます。この装置は、食品・飲料分野で使用される傾向があります。ベーカリー、乳製品、食肉、その他様々な分野で、食品の調整のために、高度な食品加工装置が選ばれています。食品加工装置のプレーヤーは、快適、安全、衛生的な、消費者向け食品を提供するため、食品加工装置の販売を強化しています。

食品加工装置市場の成長の要因としては、加工食品に対する消費者の需要の高まり、生産性向上の必要性、食品や労働者の安全への関心の高まり、食品メーカーの生産コスト削減、食品加工部門を促進する政府の支援などが挙げられます。これに加えて、食品加工市場では、発展途上国によってもたらされる新たな市場機会に、期待が集まっています。

食品・飲料加工装置市場の成長は、食品加工部門の一貫した改善、加工技術の進歩、加工食品の需要よって増強されています。また、発展途上国における食品製造能力の向上や食品加工産業の発展も、市場の成長を後押ししています。健康的な機能性食品や飲料に対する需要の高まりを満たすために、メーカーは健康的な食品や機能性食品への嗜好に対応して、最新の装置を導入しています。食品加工市場、食品小売業、外食産業などのバリューチェーンで活動するプレーヤーは、製品の普及を模索し、新たな可能性を展開しています。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、加工と前処理に分けられます。2020年は、加工セグメントが主要なシェアを獲得しました。加工セグメントは、加工製品に対する大量の需要と、パッケージ化された健康的な食品の需要により、今後も堅実な成長を示すと考えられます。

動作モード別展望

市場は、動作モード別に、半自動と自動に分類されます。労働力の入手しやすさ、財政予算、低価格な製品などの理由から、メーカーは半自動機器を選択する傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]