酵素の市場規模、2027年に132億米ドル到達予想

酵素の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR8%で成長し、2027年には132億米ドルに達すると予想されています。代謝反応を促進する生物学的触媒として機能するタンパク質分子は、酵素と呼ばれています。酵素は、特定の対象に反応する機能を持っています。長年にわたり酵素は、写真、食品加工、コンタクトレンズ洗浄剤、紙、ゴム、バイオ燃料、分子生物学分野、生物学的洗剤など様々な分野で利用されてきました。

酵素市場の成長は、食品・飲料、ホームクリーニング、動物飼料、バイオ燃料などの最終用途産業における酵素の大量需要に比例しています。さらに、世界の酵素市場は、消費者の健康に対する意識の高まりにより、機能性食品の消費が増加していることを追い風に拡大しています。

さらに、高品質の食品に対する需要や、自然な味と香りといった要因が、市場の成長を支えています。この傾向は、味付けされた食品や加工食品の人気の牽引要因となっています。これらの食物酵素は、ビタミンや栄養素をより小さな化合物に分解する触媒として機能します。酵素市場の成長を決定づける要因としては、タンパク質工学技術における酵素利用の拡大や、未開拓市場における成長の可能性が挙げられます。

原料別展望

市場は、原料別に、動物、植物、微生物に分類されます。2020年は、微生物由来の酵素が、生産量の多さ、遺伝子操作された微生物の登場、幅広い用途などの理由から、市場をリードすると考えられます。一方、微生物由来の酵素は、植物由来の酵素に比べて精製に手間がかかるという課題があります。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、プロテアーゼ、カーボハイドラーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼ、その他に分類されます。2020年は、カーボハイドラーゼが、最大シェアを獲得しました。これは、カーボハイドラーゼが医薬品や食品産業で利用される酵素の主要なものであるためです。

アプリケーション別展望

市場は、アプリケーション別に、ハウスホールドケア、バイオエネルギー、医薬・バイオテクノロジー、食品・飲料、飼料、その他に分類されています。2020年は、ハウスホールドケアセグメントが高いシェアを保持しました。これは、環境汚染への心配から、石油化学由来ではなく、酵素を含む製品の採用が増加している傾向に起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]