電子メール暗号化の市場規模、2027年に129億米ドル到達予想

電子メール暗号化の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR20.1%で成長し、2027年には129億米ドルに達すると予想されています。効率的で新しいデータセキュリティソリューションの1つに暗号化があります。暗号化は、意図しないユーザーからのアクセスや機密データを保護します。機密データを保護するために、多くの企業が暗号化技術を導入しています。さらに、暗号化技術は、安全性やデータプライバシーに関するコンプライアンス規範を遵守することができ、さまざまな組織で採用されています。さらに、データプライバシー規制は、データ保護のための手段としても、暗号化を積極的に採用しています。

電子メール暗号化により、正当な受信者以外からのデータの読み取りを防止することができます。暗号化とは、データを、情報の真の意味を覆い隠すコードに変換する技術を指します。電子メールの暗号化技術は、アーカイブされた電子メール、電子メール・プロバイダーの接続、および実際の電子メール・メッセージの3つを暗号化することができます。電子メールには機密情報が含まれており、セキュリティが確保されていなければ、サイバー犯罪者は簡単にハッキングすることができます。企業は、保存されているデータや機密情報を保護するために、メール暗号化サービスやソリューションをサーバーにインストールします。

COVID-19パンデミックの発生により、個人や企業など、社会のあらゆる部門が影響を受けています。インターネットのエコシステムは、世界中の人々の生活に欠かせないものになりつつあります。COVID-19の流行により、オンラインビジネスへの依存度が大幅に上昇したことは事実です。自動車、BFSI、小売、製造、ヘルスケア・ライフサイエンス、運輸・物流などの多くの分野で、消費者に必要なサービスを提供するためにインターネットを利用しています。

コンポーネント別展望

市場は、コンポーネント別に、ソリューションとサービスに分けられます。今後は、ソリューション分野が高いCAGRを示すと考えられます。企業では、電子メールサーバに存在するデータや機密情報を保護する意識が高まっています。電子メールの暗号化は、企業内の従業員の倫理的な行動を促進することを目的としています。また、フィッシング、メール詐欺、トロイの木馬、データ盗難、BECなどの、さまざまな脅威から機密情報を守ることができます。

エンドユーザー別展望

市場は、エンドユーザー別に、BFSI、小売・eコマース、テレコム、IT・ITeS、ヘルスケア、製造、政府・防衛、その他に分類されます。今後は、BFSIセグメントが最大シェアを獲得すると予測されます。BFSIは、機密性の高い金融データを大量に保有しているため、最も脆弱な産業分野です。この産業の関連企業は、不可逆的な暗号化を確保するために、電子メール暗号化ソリューションの必要性を感じています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]