デジタル治療薬の市場規模、2027年に145億米ドル到達予想

デジタル治療薬(DTx)の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR21.8%で成長し、2027年には145億米ドルに達すると予想されています。デジタル治療薬は、患者の行動を変化させることで病気の治癒を支援し、長期的な健康効果を高めるための遠隔監視を行うアプリケーション群です。デジタル治療薬には、ウェアラブルデバイス、モバイルアプリケーション、センサーなど、幅広い製品が含まれます。しかし、患者の臨床結果に基づいたデジタルヘルスとは異なります。

カロリーカウンターや歩数計のような消費者向けの健康志向技術は、デジタル治療薬の範疇には入りません。デジタル治療薬は、デジタル技術を利用してさまざまな病状を保護、管理、治療する新しいカテゴリーのヘルスケアソリューションです。さらに、デジタルヘルス技術を利用して患者の病状を治すこともできるため、今日のデジタル社会では一般的な概念になりつつあります。

ヘルスケアアプリとともにスマートフォンやタブレットの導入が進んでいること、慢性疾患の症例が増加していること、医療費管理の必要性が高まっていることなどから、デジタル治療薬の需要は世界的に高まっています。さらに、未発見市場における高い成長機会は、デジタル治療薬市場で活動するメーカーに新たな成長の道を提供します。ただし、新興国ではデジタル治療薬に関する意識が低く、市場の成長を妨げる要因となっています。

エンドユース別展望

市場は、エンドユース別に、患者、プロバイダー、支払者、雇用者、その他に分類されます。プロバイダー市場は、デジタル治療法を利用することで、医療機関に頼らずに臨床的に証明された治療法を提供したり、信頼性の高い患者エンゲージメントを提供したりする企業が増加しており、大きな成長を遂げると予測されています。

アプリケーション別展望

市場は、アプリケーション別に、糖尿病、中枢神経系疾患、呼吸器系疾患、禁煙、肥満、CVD、その他に分類されます。2020年は、糖尿病セグメントが高いシェアを占め、同時に高い成長を示すと推測されます。世界各国で糖尿病の症例が増加していることが、このセグメントの成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]