カスタマージャーニー分析の市場規模、2027年に289億米ドル到達予測

カスタマージャーニー分析の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR18.1%で成長し、2027年には289億米ドルに達すると予測されています。カスタマージャーニー分析とは、分析ソリューションとマーケティング機器を組み合わせ、消費者のエンゲージメントを時系列に展開することで、潜在的な消費者をリアルタイムでモニターするものです。カスタマージャーニー分析は、複数のチャネルにおける消費者の動きを考慮し、顧客との対話、フィードバック、取引に関するデータを組み合わせ、消費者の旅のエンドツーエンドのイメージを提供します。高度なアナリティクス、大規模なデータ技術、ドメインの専門知識を組み合わせることで、企業がコンシューマージャーニーを描き出すことを可能にしています。

現代のビジネスシナリオでは、企業は消費者のニーズや関心事をよりよく理解し、豊かな体験や革新的な商品を開発するために、大量のデータを収集しています。このように、カスタマージャーニーに対する全体的なアプローチが求められていることは、今後数年間で市場の収益を大きく伸ばすと予想されます。しかし、企業はデータ収集の限界に直面しているだけでなく、ビジネスに関するデータの統合、分析、洞察、報告が、ITチームにとって煩雑な作業となっています。そこで、理想的なソースから収集したデータと分析ツールを用いて、企業が購入経路を検証し、発見したインサイトをホリスティックなダッシュボードやカスタマージャーニーのグラフィカルなフォーマットとして迅速に活用することが普及してきました。

カスタマージャーニー分析市場は、世界各地で課されているCOVID-19規制のため、2020年にはその発展に低迷が見られました。このような規制は、小売・eコマース、BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、メディア・エンターテイメント、政府など、あらゆる分野に影響を与えています。パンデミックの影響で、顧客の行動が変化し、社会的な距離を置くことで、顧客はオムニチャネルでの購入を選択するようになっています。

コンポーネント別展望

市場は、コンポーネント別に、ソリューションとサービスに分けられます。カスタマージャーニー分析のソリューションやサービスの需要は、顧客がオンライン購入に切り替えることで急増すると考えられます。また、社会的な距離を置くという規範により、オンラインメディアやエンターテインメントの利用者が急増しており、顧客の要求を把握するためのカスタマージャーニー分析ソリューションやサービスの需要が高まっています。

データソース別展望

市場は、データソース別に、ウェブ、モバイル、電子メール、ソーシャルメディア、店舗・コールセンター、その他に分類されます。2020年は、ウェブセグメントが圧倒的なシェアを占めています。モバイルセグメントは、2021年から2027年の間にCAGR19.5%で成長すると予測されます。電子メールセグメントは、同期間に19.9%のCAGRで成長するとしています。

業界別展望

市場は、業界分に、BFSI、IT・通信、ヘルスケア、小売・eコマース、政府・防衛、メディア・エンタテインメント、製造、その他に分類されます。2021年から2027年の間に最も高いシェアを獲得するのは、BFSI分野と予測されます。また、小売・eコマース分野は、同期間に最大の成長率を示すと考えられます。小売・Eコマース企業は、急速に変化する顧客の期待に応えるために、様々なチャネルでのカスタマージャーニーをリアルタイムで追跡します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]