クラウドプロフェッショナルサービスの市場規模、2027年に421億米ドル到達予想

クラウドプロフェッショナルサービスの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR16.4%で成長し、2027年には421億米ドルに達すると予想されています。近年、クラウドプロフェッショナルサービスの導入に関する意識は、消費者間で一貫して高まっています。通信・IT、ヘルスケア、公共などの幅広い分野で、多くの中小企業や大企業がクラウドサービスの導入を希望しています。

クラウドプロフェッショナルサービスとは、顧客がインターネット上でニーズに応じて利用できるサービスのことを指します。一般的には、サードパーティのサービスサプライヤーや、クラウドコンピューティングディーラーがこれらのサービスを提供します。このように、アサーションシステムの継承に比べ、クラウド型サービスは、その提供者によって完全に組織化されているため、消費者側に示されるインフラ費用や取得費用が発生します。

クラウドプロフェッショナルサービスには、コンサルティングサービス、トレーニングサービス、アドバイザリーサービス、アプリケーションスタックやプレゼンテーションのテストサービスなどのシステムやネットワークの統合サービス、バックアップやリバイバルサービス、ストレージの安全対策サービスなどの運用・サポートサービスなど、さまざまなサービスが含まれます。

COVID-19パンデミックの状況下で、従業員の健康を維持する必要性から、多くの企業が規則の変更を余儀なくされています。ビジネスの混乱の主な原因は、以前のように従業員を移動させたり、人事を調整したりすることができないことです。国境を越えた移動は避けなければならず、社会的にも距離を置かなければならないため、企業は既存の方式を変更し、業務上の意思決定を再設計しなければなりません。COVID-19パンデミックの感染を最小限に抑えるために、政府はクラウドプロバイダーと緊密に連携しています。

組織規模別展望

市場は、組織規模別に、大企業と中小企業に分類されます。2020年は、大企業セグメントが市場を支配し、2021年から2027年の間はCAGR15.4 %で成長しています。中小企業市場は、同期間に19.2%のCAGRで成長すると予想されています。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドに分類されます。2021年から2027年の間、最大シェアを獲得するのは、パブリッククラウドセグメントです。パブリッククラウドは、無料またはサブスクリプションモデルで提供されるサービスで、企業の拡張性に対する要求を満たし、使用量に応じた価格設定が可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]