ブロックチェーン技術の市場規模、2027年に720億米ドル到達予想

ブロックチェーン技術の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR51.8%で成長し、2027年には720億米ドルに達すると予想されています。ブロックチェーンとは、ブロックと呼ばれる記録のリストで、暗号技術と結びついています。分散型台帳技術(DLT)とも呼ばれており、すべてのブロックは、タイムスタンプとプロセスデータである前ブロックの暗号ハッシュを持っています。ブロックチェーン技術は、安全、高速、安価であるため、金融サービスや非金融業界のあらゆるオンライン取引に活用されています。この技術は分散化されているため、オンライン取引をチェックするための仲介者を必要としません。ブロックチェーンは、ファクタリングやモバイル決済など、幅広い分野に応用されています。

ここ数年で、ブロックチェーンはIT分野で利用される非常に有益な技術となりました。ブロックチェーンは基本的に、固定されたオープンな分散型公開台帳であり、取引に関連するすべての当事者がアクセスできます。また、当事者間で行われたすべての取引の共通リポジトリとしても機能します。この市場の成長は、世界的な暗号通貨の普及によって後押しされています。世界各国の商業銀行や中央銀行が、支払いの開始やデジタル通貨の発行にブロックチェーン技術を利用しています。この技術は国境を越えた決済を可能にし、従来の決済方法と比較して安価で迅速な決済を実現します。

COVID 19パンデミックは、ブロックチェーン分野に、一定期間影響を与えると考えられます。ブロックチェーン技術は、パンデミック状況下において、デジタルトランスフォーメーション活動&イニシアチブをリードする重要な役割を果たすでしょう。この技術は、公衆衛生データの監視、危機管理、寄付金の追跡、医療サプライチェーンの確保などに非常に役立ちます。多くの政府や企業が、ユーザー体験を向上させるために先進技術の導入を目指しています。このような取り組みが、市場の成長を促進すると考えられます。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、パブリック、プライベート、ハイブリッドに分類されます。2020年は、パブリックセグメントが最も高いシェアを占めました。パブリックブロックチェーンは、基本的にマルチテナント環境で、様々な顧客とコンピューティングスペースの共有が行われます。現在、世界各国の政府機関が、従来のシステムにクラウド技術を組み込んでいます。

コンポーネント別展望

市場は、コンポーネント別に、インフラストラクチャ&プロトコル、アプリケーション&ソリューション、ミドルウェアに分類されます。ミドルウェア市場は、今後、最も高い成長率を記録すると予想されます。ミドルウェアは基本的に、ヘルスケア分野における臨床データの検証を自動化するために使用されるツールです。ヘルスケア産業への投資が増加していることが、このセグメントの成長を促進すると予測されます。また、この成長は、検査室のパフォーマンス指標を監視するためのミドルウェアツールの利用に起因しています。

業界別展望

市場は、業界別に、BFSI、IT・通信、ヘルスケア、小売・eコマース、政府・防衛、メディア・エンターテインメント、製造、その他に分類されます。2020年は、金融サービスセグメントが最大シェアを獲得しました。これは、企業内で発生した金融取引を管理するために、ブロックチェーン技術を利用している事に起因しています。このブロックチェーン技術は、安全かつ効率的な取引を提供しており、金融サービスにおけるブロックチェーン技術の需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]