車載用スマートディスプレイの市場規模、2027年に164億米ドル到達予想

車載用スマートディスプレイの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR6%で成長し、2027年には164億米ドルに達すると予想されています。スマートディスプレイとは、ワイヤレスのタッチスクリーンデバイスを指し、自動車に搭載することで、マルチメディア機能、ドライバーセキュリティ機能、ナビゲーション機能、燃料容量、バッテリー温度、タイヤ空気圧、エンジン温度などのリアルタイム診断機能を、気を散らさずに利用することができます。

消費者のセキュリティに対する意識の高さが、自動車用スマートディスプレイ市場の成長を後押ししています。さらに、市場の成長を決定づけるもう一つの要因は、高級車やプレミアムカーの需要と成長です。自動車用スマートディスプレイを搭載することで、情報を得るために周囲を見回す危険を解消し、事故の数を減らすことができます。

自動車分野におけるスマートディスプレイの採用により、運転支援、ナビゲーション、コネクテッドカー機能、マルチメディアシステム、ドライバーと車両のコミュニケーションの強化など、高度な機能に対応することができます。また、新興国や先進国を中心に、自動車の優れた安全性、快適性、利便性に対するニーズが高まっていることも、市場の成長を後押ししていると考えられます。さらに、自律・半自立走行技術への需要が急増していることや、未開拓市場での高級車やラグジュアリーカーが発展していることから、有利な成長機会に恵まれると考えられます。

ディスプレイサイズ別展望

市場は、ディスプレイサイズ別に、5インチ~10インチ、5インチ未満、10インチ以上に分類されます。2020年は、5インチ~10インチディスプレイのセグメントが最大シェアを獲得しました。5インチ~10インチディスプレイは、高度なインストルメントクラスター、センタースタックのタッチスクリーンディスプレイ、リアシートエンターテイメントのタッチスクリーンユニットなどの用途に利用されます。これらのディスプレイユニットには、情報技術や通信技術が組み込まれており、5インチ~10インチのシングルタッチスクリーンディスプレイで利用することができます。

技術別展望

市場は、技術別に、TFT-LCD(TFT液晶)、LCD(液晶)、OLED(有機EL)、その他に分類されます。OLEDディスプレイは、今後数年間、高い成長率が見込まれています。OLEDディスプレイを搭載した乗用車は、自動車展示会では発表されていますが、消費者モデルでは、LCDに比べて普及率は高くありません。今後、OLED車載用スマートディスプレイシステムは、他のディスプレイ技術と比較して高い普及率を示すと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]