清掃サービスの市場規模、2027年に3,200億米ドル到達予測

清掃サービスの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR5.4%で成長し、2027年には3,200億米ドルに達すると予測されています。清掃サービスは、埃のない職場を維持し、細菌のない健康的な環境を提供するために採用されているジャニトリアルサービスと同義です。清掃は、企業ビル、教育施設、病院、ホテル、小売店、商業施設、住宅など、さまざまな施設で最も多く委託されているサービスの1つと考えられています。屋内だけでなく屋外の清掃サービスも清掃業務の範疇に入り、床磨き、ゴミ拾い、窓拭きなどが含まれます。

多くの労働力を必要とする清掃サービスは、不動産業界の成長とともに発展してきました。2008年以降の景気後退局面では、不動産業界の低迷とともに、清掃サービス市場の成長も鈍化しました。しかし、その後、政府機関や企業が、長期契約による施設清掃サービスを採用したことで、市場は成長することが期待されています。

市場で事業を展開している大手企業は、清掃サービスを効率的に管理するために、研究開発活動に多額の投資を行い、IoTや、その他のITシステムやソリューションを導入しています。これは、近い将来、世界各国の清掃サービス市場の成長を促進すると考えられます。このような研究開発活動は、非常に効果的な清掃機器の開発に役立っており、幅広い産業分野における需要に対応しています。これらの要因により、清掃サービス市場の成長の見通しは明るいものとなっています。

エンドユース別展望

市場は、エンドユース別に、スタンダードクリーニング、フロアケアサービス、ダメージ修復クリーニング、外窓クリーニング、その他に分類されます。今後、有望な成長率を示すのは、ダメージ修復クリーニングセグメントです。このサービスは、原因に応じて、除湿、放水、瓦礫の除去、カビの除去などが含まれます。このセグメントの成長の要因は、自然災害と敷地の再構築です。外窓クリーニングは、今後、高い成長率を示すと思われます。この部門は、商業施設、オフィスビル、超高層ビルなどで需要が高まっています。

アプリケーション別展望

市場は、アプリケーション別に、商業用と住宅用に分けられます。2020年は、商業部門が最大シェアを獲得しました。商業部門における清掃サービスの需要は、ビジネス活動の増加と、商業地において未使用スペースが少ないことが主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]