家庭用寝具の市場規模、2027年に1,428億米ドル到達予想

家庭用寝具の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR11.6%で成長し、2027年には1,428億米ドルに達すると予想されています。家庭用寝具には、リラックスと快適さを提供する幅広い製品が含まれます。その中でも綿は、化学繊維などに比べて通気性が良く、快適であるため、家庭用寝具製品に広く使用されています。睡眠の質を向上させるために、消費者はプレミアム製品の購入にお金をかけようとします。また、座りっぱなしの生活が原因で腰痛になる人が増えていることから、より高級品を求める傾向があります。

家庭用寝具市場は、薄型ベッドの普及や、シンプルなベッドルームが好まれる事から、成長が見込まれています。また、団塊の世代を中心にアジャスタブルベッドの導入が進み、個人向けのマットレスやベッドリネンの需要が高まっており、家庭用寝具製品の需要が急増しています。この市場の成長は、住宅産業の発展と、顧客の住宅設備への支出によってもたらされています。

COVID-19パンデミックの発生は、家庭用寝具市場を含むほぼすべての主要分野に悪影響を及ぼしました。その原因は、全国的な封鎖、サプライチェーンの混乱、渡航禁止など多岐にわたっています。しかし、パンデミックの復旧後は、人々が在宅で仕事をする時間が長く、高品質で快適な家庭用寝具製品への投資に重点を置いていることから、市場は拡大すると思われます。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、ベッドリネン、マットレス、枕、毛布、その他に分けられます。2020年は、ベッドリネン部門が最も高いシェアを獲得し、突出した成長率を示すと予測されます。ベッドリネンは、ベッドカバー、ベッドシーツ、デュベカバー、ピローカバーを基本とします。この部門の成長には、快適性、耐久性に優れた、高品質なリネンに対する顧客の嗜好が高まっていることなど、さまざまな要因があります。オーガニックコットンの寝具市場は、人々の意識の高まりにより、過去10年間、高い人気を博しています。

流通チャネル別展望

市場は、流通チャネル別に、オフラインとオンラインに分類されます。今後は、オンライン部門が最も速い成長率を示すと推定されています。オンライン小売業者の出現と電子商取引プラットフォームの有効性により、人々は実店舗に足を運ぶことを避けるようになっています。流通・フルフィルメントモデルを簡素化する独自の方法を常に開発しているオンライン小売業者やハイブリッド小売業者には、様々な潜在的利益があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]