ゼロトラストセキュリティの市場規模、2026年に546億米ドル到達予想

ゼロトラストセキュリティの市場規模は、2020~2026年はCAGR18.8%で成長し、2026年には546億米ドルに達すると予想されています。ゼロトラストの原則は、セキュリティを維持するために、基本的に企業の外部または内部のいかなるエンティティも信用しないというものです。ある人物が企業のネットワークにアクセスしようとするとき、その人物はシステムから認証を受ける必要があります。ゼロトラストソリューションは、セキュリティチームが設定したポリシーのもとに、各接続やガジェットを認証し、インテリジェントにアクセスを制限するのに役立ちます。ゼロトラストモデルでは、各アクセス要求は真剣に検証され、ポリシー制約の下で認可され、アクセスを許可する前に奇妙な点がないか調べられます。ユーザーのアイデンティティからアプリケーションのホスティング環境に至るまで、すべてがネットワークを侵害から守るために利用されます。

Covid-19パンデミックの発生は、遠隔地で働く従業員の急速な変化を示しています。リモート接続によるアクセス、新たに訓練されたモバイルワーカー、制限されたセキュリティレビューにより、サイバー犯罪者が脆弱なネットワークの恩恵を受けて内部ネットワークにアクセスすることが予想されます。近年、ゼロトラストセキュリティが非常に発展してきました。これは、アプリケーションにアクセスするためにアイデンティティプロバイダを使用し、ユーザーとガジェットに基づいて認証権を識別します。基本的な認証権限には、企業がこれらのガジェットを操作しているかどうかを調べるための、ガジェットとユーザーのアイデンティティ検証が含まれます。

さらに、クラウドベースのサービスの導入やデジタル化の進展により、サイバーの脆弱性が増加していることも、市場の成長を後押ししています。また、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)や米国カリフォルニア州の消費者プライバシー法(CCPA)などの政府規制も、ゼロトラストセキュリティ市場に新たな成長の道を開く要因となっています。さらに、中小企業の予算の制約により、市場の成長が制限されることも考えられます。

ゼロトラストセキュリティの市場規模

最近、BFSI業界は、ランサムウェア、マルウェア、ソーシャルエンジニアリングやフィッシング攻撃、ルートキット、ファイルレスマルウェア、インジェクション攻撃など、多くの高度で持続的な攻撃に直面しています。BFSI業界のエンドユーザの大半は、オンプレミスのインフラに比べてクラウドを選択しており、その結果、ゼロトラストセキュリティソリューションの採用が進んでいます。また、この分野の企業は、最先端の技術を駆使したソリューションを求めており、それが市場の新たな成長の可能性を生み出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]