サングラスの市場規模、2026年に200億米ドル到達予測

サングラスの市場規模は、2020年~2026年にCAGR6%で成長し、2026年には200億米ドルに達すると予測されています。サングラスは、一般的に有害な太陽光線から目を守るために着色されたアイウェアです。また、偏光タイプと非偏光タイプの2つのカテゴリーがあり、顧客のニーズに応じてカスタマイズすることができます。さらに、凸レンズや凹レンズを使用することで、人の視力に合わせてメガネとして使用することができます。

サングラスは、その最終目的に応じて作られます。例えば、スポーツ用のサングラスは、衝撃に強い素材を使用し、充実したカラーで目を保護します。また、カジュアルやファッション用のサングラスであれば、同様の強度を必要としないため、低反発性の素材を利用して製造されます。

サングラスの製造工程では、CR-39オラクルジグリコールカーボネート(ADC)、ポリカーボネート、シリコーンハイドロゲルなどの原材料が使用されます。SABICのような化学企業がこれらの原材料を製造し、サングラスメーカーに納入しています。その後サングラスメーカーは、アンチスクラッチまたはスクラッチレジスタントコーティング、反射防止(AR)コーティングなどを施し、特定の要件を満たす製品を製造します。

流通チャネルの展望

市場は流通チャネル別に、専門店、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、オンライン、その他に分類されます。2019年には、オフライン市場セグメントが最大シェアを記録しました。これは、最終的に購入する前に、製品を試すことに対する消費者の需要によるものです。大手メーカーによる流通施設の増加が、このセグメントの成長を後押ししています。

フレーム素材の展望

市場はフレーム素材別に、インジェクション、メタル、アセテート、その他に分類されます。インジェクション市場は、2019年の市場を支配し、2020年~2026年の間にCAGR 5%で成長すると予測されています。メタル市場は、同期間に、CAGR 6.5%で成長すると予測されています。

タイプ別の展望

市場はタイプ別に、非偏光と偏光レンズに分けられます。製品タイプ別では、非偏光サングラスが2019年に最も高いシェアを獲得しました。オフラインの店舗では、さまざまな形や色の非偏光サングラスが販売されています。これらのメガネは、他のサングラスよりもコストが安く、顧客のスタイルステートメントの一つとなります。さらに、ダークカラーの非偏光サングラスは、目に不快感を与える光の強度を下げるのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]