スマートモビリティの市場規模、2026年に910億米ドル到達予測

スマートモビリティの市場規模は、2020~2026年にCAGR 18.4%で成長し、2026年には910億米ドルに達すると予測されています。スマートモビリティとは、様々な交通手段を利用して、自家用車を使わずにある場所から別の場所へ移動することを目的とした概念である。この概念は、ライドシェア、公共交通機関の利用、カープール、バイクシェアなどの様々な交通手段を採用することで、自家用車の利用を根絶します。道路上での交通渋滞の増加と、それに伴う公害、時間の浪費、死亡事故などの課題が、スマートモビリティの必要性を支えています。

スマートモビリティ市場は、スマートシティに対する政府の支援策や、オンデマンドの交通手段に対する需要の増加などにより、今後の発展が期待されています。一方で、新興地域ではインターネットの普及率が低く、データハッキングのリスクがあるなど、市場の成長を妨げる要因もあります。しかし、スマートモビリティは、スマートな輸送フレームワークや自律走行車の優れた性能などの決定的要因により、今後も高い成長が考えられます。

スマートモビリティの市場規模

長年にわたり、スマートモビリティの需要は増加しています。しかし、COVID-19パンデミックの発生により、スマートモビリティ市場は大きく停滞しました。このパンデミックは、公共交通機関の利用を減らし、他人との直接的な接触を減らすために、自動車の所有を増加させました。

要素の展望

市場は、ライドシェアリング、カーシェアリング、自転車通勤の3つの部門に分けられます。ライドシェアリングは、その大規模採用により2019年に最大シェアを記録しました。一方、カーシェアリングもその後の大規模な導入により、今後スマートモビリティ市場の成長に貢献すると考えられます。

ソリューションの展望

市場はソリューション別に、交通管理、駐車場管理、モビリティ管理、その他に分類されます。交通管理部門は、今後、最も高いシェアを獲得すると考えられます。

テクノロジーの展望

市場は技術別に、RFID、GPS、組み込みシステム、Wi-Fi、3G & 4G、その他に分類されます。2019年の技術別市場は、RFID市場が圧倒的に多く、2020~2026年にCAGR16.6 %で成長すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]