スマートカードの市場規模、2026年に171億米ドル到達予想

スマートカードの市場規模は、2020~2026年の間にCAGR4.9%で成長し、2026年には171億米ドルに達すると予想されています。スマートカードは、決済プラットフォームをより簡単で便利なものにするために、さまざまな技術により開発されています。また、プラスチック製のものが一般的で、集積回路チップを組み込んでおり、データの保存、交換、操作に役立ちます。さらに、スマートカードは、より安全な取引、優れたセキュリティ、強靭さと信頼性、再利用性など、様々な利点をユーザーに提供します。通信、運輸、小売、政府、金融、娯楽など、多くの業界が金融活動を行うためにスマートカードを使用しています。

集積回路が組み込まれたカード形態のデバイスは、スマートカードと呼ばれています。集積回路には、単純なメモリー回路とメモリー付きマイクロプロセッサーがあります。様々な分野でのスマートカードの採用が、市場の成長を後押ししています。すべての必要なデータは、スマートカードからカードリーダーを介してホストシステムに転送されます。

日本、ヨーロッパ、オーストラリア、中国などの国々では、スマートチケッティングの高い普及率が市場の成長を促進する大きな要因となっています。最近では、時間の節約や利便性の向上を目的として、旅行中にスマートカードを利用する人が増えています。スマートカードを使用することで、チケット購入のための長い行列を回避することができます。特に旅行者にとっては、移動時間の短縮やサービスの効率化など、スマートカードがもたらすメリットは数多くあります。また、政府や交通機関が旅行者のデータを管理・収集するのにも役立ちます。これらのカードは利便性が高いため、洗車、駐車、給油など、交通市場のサービスにも応用されています。

タイプ別展望

市場はタイプ別に、MPUマイクロプロセッサーとメモリーカードに分けられます。2019年の市場は、MPUマイクロプロセッサ分野が圧倒的に多く、2020~2026年の間のCAGRは4.7 %で成長が予測されています。メモリーカード分野の同期間のCAGRは、5.4%となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]