小売店向けPOSの市場規模、2026年に338億米ドル到達予想

小売店向けPOSの市場規模は、2020~2026年の間にCAGR 14.1%で成長し、2026年には338億米ドルに達すると予想されています。POS(Point of Sale)とは、購入者が商品やサービスの決済を行う場所であり、支払いを行うことも可能です。POS 端末とシステムは、物理的なスペースでカード決済を開始するために利用されます。消費者は利益率の高い商品やサービスの購入を決定することができるため、販売場所はマーケターにとって中心となる魅力的な場所です。企業は、顧客が退店する際の衝動買いを増やすために、一般的には店舗の出口にPOSを設置します。一方で、様々な場所にPOSを設置することで、小売業者は特定の製品グループを小規模に販売し、販売チャネルのスタート地点で消費者にインパクトを与えることができます。

電子POSソフトウェアシステムは、取引プロセスを自動化し、重要な販売データを監視することで、小売業のオペレーションを簡素化するのに役立ちます。基本的なシステムは、電子キャッシュレジスターと、日々の買い物から収集したデータを処理・管理するソフトウェアで構成されています。また、バーコードスキャナーやカードリーダーなどのデータ収集機器をネットワークに接続することで、小売店は簡単に機能を拡張することができます。

COVID-19パンデミックの発生は、世界中の小売業に悪影響を及ぼしています。ウイルスの蔓延を防ぐために様々な対策がとられていますが、それが小売業の需要、供給、運営に影響を与えています。店頭での購入に対する規制やオンラインショッピングの増加は、小売業用POS端末の市場に悪影響を及ぼします。現在、世界の人々は必要な商品をオンラインで購入することを目的としており、その結果、実店舗を持つ小売業者の売上が減少しています。しかし、今後数年間は、非接触型カード決済に対応した小売店のPOS端末の需要が急増すると考えられます。

製品別展望

市場は製品別に、固定式とモバイル式に分けられます。モバイルPOSターミナルは、今後急速に成長すると思われます。多くの小売業者は、モバイルPOSソフトウェアアプリケーションを利用して、遠隔地から店舗にアクセスすることで監視を行い、収益減の原因を減らしています。このソフトウェアは、小売店で行われた作業を毎日更新することができ、実店舗やオンラインストアでの商品の監視や仕分けも可能です。多くの企業が、NFCペイメントやEMVコンプライアンスに対応した小売用POSターミナルソフトウェアを導入しており、顧客にとってより安全で迅速な決済を可能にしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]