プロセスマイニングソフトウェアの市場規模、2026年に35億米ドル到達予想

プロセスマイニングソフトウェアの市場規模は、2020~2026年にCAGR39.9%で成長し、2026年には35億米ドルに達すると予想されています。ビジネスプロセスが機能しているかを知る目的で、企業のアプリケーション、イベント、ログなどのデータを調査するプログラミングを、プロセスマイニングソフトウェアと呼びます。このソフトウェアの目的は、非効率な領域を認識し、それらを改善することです。このプログラムを使用すると、ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)やビジネスマネジメント(BPM)のようなプロセス指向の分野で、ワークフローを強化することが可能になります。プロセスマイニングソフトウェアの提供者は、この技術が何百万もの取引記録を分析し、より高いリスクを示すワークフローからの異常を特定できると考えています。

この技術は、Order to Cash、Account payable、Supply Chain Managementなど、多くの企業で実施されている複雑なビジネスプロセスに適用できる可能性があります。例えば、ERPシステムの買掛金モジュールのログを分析することで、請求書処理の予期せぬ遅延の原因を特定することができます。プロセスマイニングソフトウェアによる効率化には、低リスク、顧客体験の向上、利益率の向上、ITシステムやビジネスプロセスの透明性の向上など、多くのメリットがあります。

COVID-19危機により、産業界全体の顧客行動や企業活動が大きく変化しています。国境が閉鎖されたために資源が不足し、製造業・物流業・運送業が多大な影響を受けています。これは短期的には市場の成長を妨げる要因となるでしょう。一方で、サプライチェーンの乱れ、売上の低下、遠隔地での作業環境、労働力の不足などが、デジタル技術や自動化技術の導入を促進している側面もあります。

タイプ別の展望

市場はタイプ別に、オンプレミス型とクラウド型に分けられます。クラウド型のセグメントは、今後も有望な成長率を示すと考えられます。これは、産業界でのクラウド技術の採用が急増していることに起因しています。さらに、この技術は、効果的かつ迅速なプロセスの洞察を提供し、最適化と競争力の強化に貢献しています。一方で、オンプレミス型ソフトウェアの開発は、一部の大企業に限られており、全体として減少傾向にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]