有機ELの市場規模、2026年に748億米ドル到達予想

有機ELの市場規模は、2020~2026年の間にCAGR16%で成長し、2026年には748億米ドルに達すると予想されています。有機ELは、コンピュータやテレビ、ゲーム機、スマートフォンなどのデバイス用ディスプレイとして設計されています。シンプルな操作性と高い快適性により、OLEDはエレクトロニクス業界で高い人気を誇っています。OLEDディスプレイが優れた画像品質を提供し、将来的に折りたたんだり巻いたりできるディスプレイを可能にするという事実により、OLED市場には大規模な投資が行われています。超薄型、自己発光、軽量といった特性がOLED技術への道を開いています。また、自動車業界では、バックウィンドウアラート、バックミラー、ダッシュボードディスプレイなどに利用されています。しかし、OLEDは、LEDやLCDに比べてコストが高いため、今後数年間の市場成長を抑制する可能性があります。

有機ELディスプレイの製造には水素と炭素が使用されており、有害な金属を使用していないため、グリーンテクノロジーの一つと考えられています。有機ELディスプレイは、スマートフォン、タブレット、カメラ、ノートパソコン、VRセット、テレビなどに使用されています。放出された光の向かう方向により、トップエミッション、ボトムエミッションとに分類されます。

有機EL市場は、この技術が活用されている携帯電話やカメラなどの家庭用電化製品への投資や需要の増加によって促進されます。しかし、LCDのコスト削減により有機EL市場の成長が妨げられる可能性があります。LCDの寿命は比較的長く、そのため耐久消費財への採用が多くなります。アジア太平洋地域では、原材料や労働力の価格が低いため、生産活動は主に同地域に集中しています。ビジネスの限界を克服し、全体的なコストを削減するためには、コスト効率の高い生産方法の構築が不可欠です。

製品タイプ別の展望

市場は製品タイプ別に、ディスプレイと照明に分けられます。今後の、OLED市場で最大シェアを占めるのはディスプレイ分野と予測されています。ディスプレイパネルは、スマートフォン、デスクトップPC、ノートPC、テレビなど様々な用途に利用されています。ディスプレイには、透明ディスプレイ、フラットパネルディスプレイ、フレキシブルディスプレイなどの種類があり、有機発光ダイオード(OLED)、量子ドットLED、LEDバックライトLCD、電子ペーパーなどの技術が組み込まれています。

エンドユーザーの展望

市場はエンドユーザー別に、家庭用電化製品、自動車、産業、商業、ヘルスケア、小売、その他に分類されます。OLED市場全体では、家庭用電化製品分野がシェアを獲得すると考えられます。ここ数年、スマートフォンの需要は大幅に拡大しており、それに伴い、技術的に優れたディスプレイの需要もさらに高まっています。スマートフォンには、主に小型ディスプレイ(LCDまたはOLED)が使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]