磁気ビーズの市場規模、2026年に20億米ドル到達予測

磁気ビーズの市場規模は、2020~2026年にCAGR12.7%で成長し、2026年には20億米ドルに達すると予測されています。磁気ビーズとは、マグネタイトのような酸化鉄の小さな粒子で構成されたツールを指し、これらのビーズに超常磁性の特性をもたらします。磁気ビーズは、磁場の範囲外では互いに引き合うことがないため、望ましくない凝集のストレスを感じることなく簡単に利用することができます。磁気ビーズによる分離は、科学者がろ過や遠心分離などの代わりに使用する、迅速で効果的、かつ明確なプロセスです。磁気ビーズは、抗体、抗原、タンパク質、触媒、核酸などと一緒に使用され、細胞、ウイルス、バクテリア、その他の生物を結合させることができます。

磁気ビーズは、ゲノムDNA、プラスミド、タンパク質、ミトコンドリアDNA、RNAなど、様々な種類の生体分子を、確実かつ簡便に精製する技術として活用されています。蛋白質サンプルの調製や蛋白質の精製を行う機会が増えていることから、磁気ビーズ市場は新たな成長の道を開いています。また、体外診断への移行、磁気ビーズの技術向上、医療費の増加などの要因が、今後の磁気ビーズ市場の成長を後押しすると考えられます。

さらに、主要市場のプレーヤーは、新しい、先進的かつ革新的な磁気ビーズの導入に重点を置いており、市場の需要に拍車をかけています。また、磁気ビーズは研究室の基本的なツールと考えられており、COVID-19の流行により、磁気ビーズの使用が増加しています。

磁気の展望

市場は磁気の種類によって、フェリ磁性と超常磁性に分割されます。2019年はフェリ磁性が市場を支配しました。超常磁性市場は、2020年~2026年の間、CAGR14.1%の成長が見込まれています。

サイズの展望

市場はサイズ別に、5um未満、5-20um、20-40um、40um以上に分類されます。2019年は、5um未満が市場を支配し、2020年~2026年の間CAGR12.1 %で成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]