グリーンデータセンターの市場規模、2026年に1,428億米ドル到達予測

グリーンデータセンターの市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR19.7%で成長し、2026年には1,428億米ドルに達する見込みです。グリーンデータセンターは、環境への影響を最小限に抑えながら最適なエネルギー効率を提供し、照明、機械、電気、コンピュータの各システムを使用したストレージやデータ管理に役立つ施設です。また、グリーンデータセンターは、IT企業がデータセンター環境に関する取り組みを決定し、スケジュールを立て、設置することで、環境への影響を最小限に抑えることができます。さらに、従来のデータセンターと同等の機能や性能を持ちながら、省エネルギー省スペースであることから、環境に優しいデータセンターとして評価されています。

データストレージ管理への高い需要、エネルギーコストの増加、大量の電力消費は、同市場成長の牽引要因となっています。一方、グリーンデータセンターに関する認知度の低さ、多額の初期費用、現行のデータセンターの柔軟性の低さなどが、市場成長の障害となっています。現在、業界では、エネルギー効率の高いデータセンターやグリーンデータセンターが常に求められています。エネルギー効率の高いデータセンターを利用することで、データセンターの運用コストや、施設やインフラへの電力供給にかかるエネルギー消費量を削減することができます。

グリーンデータセンター市場の成長は、データセンターによるエネルギー消費量の増加により、各国政府がその管理に注目し始めた事に牽引されています。クラウドコンピューティングはエネルギー効率が高く、主に再生可能エネルギーに依存しているため、輸送、製造、建築などの他の産業も、自らの排出量を削減するためにグリーンデータセンターを採用すると考えられます。

コンポーネント別展望

コンポーネントに基づいて、市場はソリューションとサービスに分けられます。ソリューション分野は、さらに情報技術、電力、冷却に分けられます。2019年は、ソリューション部門の情報技術市場がCAGR 18.1 %で優位に立ちました。電力市場は、同時期、18.4%のCAGRを示しており、冷却市場はCAGR 20%で成長すると予測されています。

データセンターの規模別展望

市場は、データセンターの規模別に、大規模データセンターと中小規模データセンターに分けられます。大規模データセンターは、高いシェアを獲得すると考えられます。大規模データセンターは、2万5,000平方フィート以上の面積を持ち、高密度のサーバーラックで構成され、製造現場でのオペレーションを合理化します。

産業別展望

市場は、産業別に、IT・通信、政府・防衛、BFSI、ヘルスケア、製造、消費財・小売、その他に分類されます。BFSI分野は、同市場において、幅広い製品やサービスを提供する重要な産業の一つです。すべてのBFSI機関や企業は、集中的に安全なデータ取引とストレージを必要とします。この分野は規制が厳しく、顧客からの要求も多く、膨大な安全なデータの保存とアクセスが必要とされるため、効率的なデータセンターには高い需要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]