ガス検知器の市場規模、2026年に80億米ドル到達予想

ガス検知器の市場規模は、2020年から2026年の間に11.8%のCAGRで成長し、2026年には80億米ドルに達すると予想されています。商業、家庭、産業分野での有害ガスのリスクを低減するために使用される機器は、ガス検知器として知られています。この機器は、総合的な監視・安全システムの下で、プロセスの緊急停止や火災検知などの安全対策として使用されます。さらに、ガス検知器を使用することで、ガス漏れを止めるための時間を確保することができます。ガス検知器は、研究所、製油所、駐車場、冷蔵プラント、ボイラープラントルーム、プラント建設、自動車産業、発電所など、さまざまな場所で使用されています。

製造工場におけるプラントの安全性に対し投資が増加しており、ガス検知器市場に、新たな成長機会が提供されています。ガス検知器は、ガス室の密度を検査する事が可能で、化学産業で広く使用されています。さらに、廃水処理におけるガスの発生に関心が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。有害な化学物質やガスの製造工場では、人命や財産の損失を防ぐために、これらの機器を使用することが非常に重要です。そのため、ガス検知器は製造工場などの敷地内を中心に設置されています。

市場の需要は、労働者の安全を維持するための企業の意識の高まりにより促進されています。ガス検知器は、活況を呈している石油・ガス部門で採用されており、産業界の最先端技術への投資に伴って増加すると考えられます。

製品別展望

市場は、製品別に、固定式と携帯式に分類されます。2019年は、固定式セグメントが、最も高いシェアを獲得しました。これらのシステムは、人員の安全と工場の保護を提供するために実装されています。固定式ガス検知器は、複数または単一の危険なガスを追跡するために開発されています。製薬、食品、飲料、石油・ガス業界でこのセンサーの用途が拡大しており、高い需要があります。

エンドユーザー別展望

市場は、エンドユーザー別に、産業用、ビルオートメーション・家庭用電化製品、石油化学、医療、環境、自動車、その他に分類されます。今後は、石油化学セグメントが最も高い成長率を示すと思われます。石油化学セグメントでは、処理プラント、パイプライン、石油精製所、LPG・LNGプラントなどで、有害なガスを追跡するため、ガス検知器が使用されています。石油化学業界は、ガス漏れが発生すると深刻な影響を及ぼす可能性があるため、高度なガス検知器が必要とされます。また、シェールガスの開発が進んでいることも、天然ガス・石油業界におけるこれらの機器の需要を押し上げる要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]