フィットネスアプリの市場規模、2026年に105億米ドル到達予想

フィットネスアプリの市場規模は、2020年から2026年の間に26.5%のCAGRで成長し、2026年には105億米ドルに達すると予想されています。フィットネスアプリは、世界中で大きな人気を博しています。COVID-19パンデミックで、ジムなどのフィットネス施設が閉鎖されたため、フィットネスフリークは自宅で健康を維持するしかありませんでした。これにより、家庭用フィットネスアプリの開発が促進されました。アプリ市場の発展は、AIによるパーソナライズされたワークアウトとダイエットプラン、ライブワークアウト、毎日の進捗状況の追跡、バーチャルトレーナー、ジオロケーションによるソーシャル共有、機械学習と動作認識技術の使用などの機能に牽引されています。

エクササイズという形での身体活動は、身体機能の向上を助けるだけでなく、社会的・精神的な幸福感の向上にも直結しています。しかし、身体や認知機能に制限のある高齢者など、多くの人にとり、特にジムなどの運動施設で定期的にトレーニングを行うことは、不便であったり不可能であったりします。新しいアプリの1つ、フィットネスアプリは、いつでも、どこでも、健康維持のために利用することができ、多忙な生活を送る人々にとって、理想的なソリューションと考えられています。顧客はいつでも簡単にアクセスできることから、これらのアプリケーションに依存しています。同時に、これらのアプリは、フィットネス目標の設定、ワークアウトのアイデアの提供、摂取カロリーのモニタリング、フィットネスレシピ、進捗レポートの提供などのサポートを可能にしまう。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、アクティビティ・トラッキング、エクササイズ・体重管理、ダイエット・栄養に分けられます。エクササイズ・体重管理アプリは、パーソナルトレーナー、他のデバイスとの接続機能、体重記録用のログブック、ビデオオーディオガイド、タイマーなどを提供しています。さらに、COVID-19の流行により、顧客の大半がオンラインのフィットネスレッスンを選択しており、この事が同セグメントの開発を後押ししています。

プラットフォーム別展望

市場は、プラットフォーム別に、iOS、Android、その他に分類されます。2019年はiOSが最も高いシェアを獲得しました。消費者間でiOSの採用が急増していることが、同セグメントの成長を後押ししています。一方、Androidセグメントも、今後有望な成長率を示すと考えられます。これは、Androidスマートフォンの大量の導入と販売によるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]