イベント管理ソフトウェアの市場規模、2026年に65億米ドル到達予想

イベント管理ソフトウェアの市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR11.4%で成長し、2026年に65億米ドルに達すると予想されています。会議や展示会、イベントなどの管理を支援するソフトウェアをイベント管理ソフトウェアといいます。このソフトウェアは、イベントの質を向上させ、主催者に優れた可視性を提供することができます。

イベント管理は現状のリソースでは時間のかかる作業であるため、多くの企業がイベント管理ソフトウェアを導入して、企画、イベントマーケティング、スケジュール管理のプロセスを簡素化しています。このようにして、企業は低コストで、参加者や顧客に優れたサービスを提供することができます。同ソフトウェアは、分析・レポートソフトウェア、イベントプランニングソフトウェア、会場管理ソフトウェア、コンテンツ管理ソフトウェア、イベント登録・チケット販売ソフトウェア、イベントマーケティングソフトウェア、オンサイト技術、来場者管理ソフトウェア、リソーススケジューリングソフトウェア、ケータリングソフトウェアなどに分類されます。

世界中でゲーム、スポーツ、エンターテインメント分野のイベントが増加していることや、過去のデータやリアルタイムのデータに基づいて、イベントの最初から最後までを簡略化するソフトウェアの採用が進んでいることなどが、市場の成長を促進すると予想されています。イベントはマーケティングチャネルとして非常に有益であるため、マーケティング会社やベンダーは、主催者とのパートナーシップを大切にしています。

コンポーネント別展望

市場は、コンポーネント別に、ソフトウェアとサービスに分類されます。ソフトウェア分野は、最大シェアを占めており、今後もこの傾向が続くと思われます。ソフトウェア分野の成長は、企業やエンターテイメントのイベントプランナーの間で需要が高まっていることが主な理由です。イベントプランナーは様々なイベントを同時に管理する必要があるため、ソフトウェアソリューションを導入して、信頼性の高いサービスを安いコストで顧客や参加者に提供します。

導入形態別展望

市場は、導入形態別に、オンプレミスとクラウドに分けられます。今後は、オンプレミスが突出したシェアを確保すると考えられます。オンプレミスは、イベント管理ソフトウェアを遠隔地の施設ではなく、企業の敷地内に導入することを指します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]