エンタープライズアーキテクチャツールの市場規模、2026年に13億米ドル到達予想

エンタープライズアーキテクチャツールの市場規模は、2020年から2026年の間に5.4%のCAGRで成長し、2026年には13億米ドルに達すると予想されています。エンタープライズアーキテクチャツールは、企業が技術的な変更や効果を分析するのに役立つソリューションです。このツールは、パートナー、ビジネスプロセス、能力、データ、アプリケーションなどの、技術や依存関係を記録するのに役立ちます。また、組織にとって重要なすべての資産に関するデータ統合や、メタデータのソースとなることもあります。さらに、すべての関連性を示すことで、企業がITやその他の面で、より良い意思決定を行うのに役立ちます。

企業の情報技術アーキテクチャを適切なビジネス戦略でサポートすることへの要求や、ビジネス主導型のエンタープライズアーキテクチャ手法を採用する動きが活発化していることが、市場の成長を後押ししています。しかし、データ盗難の増加や安全性の問題は、市場の成長を妨げる一因となっています。アプリケーションの合理化に対する要求や、ビッグデータ機能の強化・追加などは、関連企業にとって有利な機会となり、エンタープライズアーキテクチャツール市場に新たな成長の道を開くと予想されます。

Covid-19パンデミックは、エンタープライズアーキテクチャツール市場を含む多くの主要分野に悪影響を及ぼしています。さらに、エンタープライズアーキテクチャツールに関わる莫大なコストは、パンデミック状況下でソリューションとサービスの需要を減少させています。しかし、企業のビジネス機能を向上させるために、エンタープライズアーキテクチャツールの使用は増加しており、今後数年間で急成長すると考えられます。

コンポーネント別展望

市場は、コンポーネント別に、ソリューションとサービスに分けられます。ソリューション市場はさらに、インフラストラクチャアーキテクチャ、アプリケーションアーキテクチャ、データアーキテクチャ、セキュリティアーキテクチャ、その他に分類されます。これらのソリューションは、パートナーシップの拡大やワークフロー環境の強化に役立ち、生産性を向上させます。市場の成長を妨げる要因としては、利益率の低下とIT予算の割り当てが少ないことが挙げられます。

エンドユーザー別展望

市場は、エンドユーザー別に、通信・IT、BFSI、ヘルスケア、製造、消費財・小売、その他に分類されます。今後は、通信分野が高いシェアを占めると考えられます。すべての企業にとって、デジタルトランスフォーメーションは重要な役割を果たしており、グローバルな競争環境の中で発展していくための手段となっています。通信事業者の多くは、より効果的かつ革新的に多くの消費者にアピールするため、IoT、スマートコンピューティング製品、モビリティ、クラウドコンピューティング、アナリティクスなどの最新技術に多額の投資を行っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]