ダークファイバーの市場規模、2026年に89億米ドル到達予想

ダークファイバーの市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR12.2%で成長し、2026年には89億米ドルに達すると予想されています。光ファイバー通信において、ダークファイバーまたはアンライトファイバーとは、ベンダーやキャリアがまだ使用していない光ファイバーケーブルのことを指します。これらのケーブルは、どの光機器にも取り付けられておらず、近い将来どこかで使用することを目的として埋め込まれています。また、サービスベンダーや顧客が単独で所有する新規ファイバー建設プロジェクトとしても認知されています。現状では、未使用の光ファイバケーブルは、ネットワークサービスベンダーによりレンタルで提供されています。

過去20年間、電気通信分野は繁栄し、光ファイバーネットワークの開発に大規模な投資が行われました。また、この期間に、鉄道と高速道路を組み合わせたファイバーネットワーク(長距離ネットワークタイプ)が設置されました。同様に、大都市や人口過密地区には、長距離のローカルネットワークやリージョナルネットワーク(メトロネットワークタイプ)が設置されました。新世紀に入り、通信業界が大きく落ち込んだため、これらの高コストのファイバーネットワークのフレームワークは、通信業者の倒産を防ぐため、適度なコストで取引されました。

モバイルデータ需要の高まりと5Gサービスの登場により、通信サービスベンダーは既存のダークファイバーを購入し、独自の開発を目指しています。この市場の成長は、携帯機器やユーザーの帯域需要の増加、ケーブル事業者のHDビデオ品質への不可欠な伝送など、様々な側面から成長が期待されています。

米国、英国、中国、ドイツ、日本などの先進国の規制機関は、セキュリティフレームワークに、国レベルの投資を行っています。急速に発展している新興国では、国際レベルに追いつくため開発を進めています。このような背景から、各国政府は、高いセキュリティ機能を備えたフレームワークを目指して、ファイバーネットワークを中心とした新技術に多額の投資を行っています。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、シングルモードファイバーとマルチモードファイバーに分類されます。現在、シングルモードファイバーが市場シェアを占めています。これは、5G・LTEネットワーク用の、シングルモードダークファイバーの設置が各地域で増加していることに起因しています。さらに、シングルモードのダークファイバーは、マルチモードのダークファイバーと比較して、信号の損失が少ないのが特徴で、高速・広帯域のインターネット接続に対する需要が高まっていることも、この分野の発展を後押ししています。

材料別見通し

市場は、素材別に、ガラスとプラスチックに分類されます。2019年は、ガラスセグメントが優位に立っており、2020年から2026年の間に11.4 %のCAGRで成長すると予測されています。プラスチック市場は、同期間にCAGR 14%で成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]