咳止めシロップの市場規模、2026年に78億米ドル到達予想

咳止めシロップの市場規模は、2020年から2026年の間に5.8%のCAGRで成長し、2026年には78億米ドルに達すると予想されています。咳は喘息など慢性疾患にも見られる症状の一つですが、咳止めシロップは、上気道感染症(URTI)の原因となる咳を治すために用いられる液体の薬です。咳止めシロップには、乾性咳嗽用と胸部咳用の2種類があります。咳止めシロップは、完全には効かないケースもありますが、その多くは効果があると報告されています。

大気汚染は、尿路感染症、咳、風邪などの呼吸器系疾患を引き起こし、咳止めシロップ市場の成長を牽引する原因の一つとなります。また、慢性的な呼吸器系疾患の原因にもなります。国際呼吸器学会フォーラム(FIRS)の報告によると、燃料の燃焼による室内空気の汚染、タバコの喫煙、自動車や産業界から排出される汚染が、主要な呼吸器疾患の原因となっています。

咳止めシロップは、一般的な風邪や尿路感染症、花粉症などの治療に広く使用されており、需要が急増しています。また、新興国での可処分所得の増加、高齢者人口の増加も、咳止めシロップ市場の成長に寄与しています。

製品別展望

市場は、製品別に、咳抑制薬、併用薬、去痰薬に分類されます。2019年は、咳抑制・鎮咳剤セグメントが最も高いシェアを獲得し、今後もこの傾向が続くと考えられます。デキストロメトルファンが医療関連店舗や薬局で入手可能であることが、市場の成長を促進すると考えられます。

年齢別展望

市場は、年齢別に、成人と小児に分けられます。予測期間中、成人が最も高い成長率を示すと考えられます。これは、高齢者人口の増加と成人の呼吸器系疾患の増加によるものです。さらに、小児に対しては、医師による処方なしの提供が禁じられていることが、小児市場の抑制要因になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]