ロボット掃除機の市場規模、2026年に240億米ドル到達予測

ロボット掃除機の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR22.9%で成長し、2026年には240億米ドルに達すると予測されています。ロボット掃除機とは、床、芝生、窓などの清掃を支援する自律型ロボットのことを指します。ロボット掃除機を使用することで、家庭および産業用アプリケーションにおいて、UV殺菌、モップがけなどの作業を管理することができます。また、人手による作業を減らし、貴重な時間、お金、電力を節約することができます。身体障害者にとっても、費用のかかる家事代行サービスの代替として利用することが出来ます。様々な技術開発により、ロボットはより賢くなり、色々な場所の汚れを識別することができるようになりました。

ロボット掃除機市場は、ロボット工学分野における技術の進歩と近代化、需要の増加、機械の小型化によって促進されています。一方で、耐久性に関する課題、バッテリーの寿命が短いことなどが市場成長の障害となっています。しかし、小型で使い勝手の良いロボットが誕生すれば、市場は魅力的な成長機会を得ることができます。

ロボット掃除機は、ロボット開発の成果として設計されており、家庭の掃除やメンテナンスに対するアプローチを変えることで、顧客の要求に応えることができます。欧州委員会(EU)や米国食品医薬品局(FDA)などの公共安全機関は、有害な化学物質を使用することに対する清掃員の安全への懸念から、これらの化学物質に関する基準を策定しました。例えば、EU委員会は有害物質規制法(TSCA)を批准し、工業用および商業用アプリケーションにおける特定の化学物質の清掃員の使用を制限しています。これらの点が、今後のロボット掃除機の需要を促進する事が考えられます。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、パーソナルクリーニングロボットとプロフェッショナルクリーニングロボットに分けられます。今後は、パーソナルクリーニングロボットが市場をリードすると考えられます。スマートホームの人気が高まっていることが、パーソナルクリーニングロボットの発展を支える主要なトレンドの一つです。また、多忙なライフスタイルや忙しいスケジュールの中で、消費者は便利な掃除やモップがけの方法を求めています。

製品別展望

市場は、製品別に、床ロボット掃除機、芝生掃除ロボット、プール掃除ロボット、窓掃除ロボット、その他に分類されています。窓掃除ロボットは、突出した成長率が予測されます。高さのある窓は掃除が困難であり、専用の機器が必要です。また、プロの窓拭き職人を雇うのは非常にコストがかかります。さらに、窓掃除ロボットは、人手を必要としないため、企業の運営コストを削減でき、商業用途でも人気を集めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]