細胞治療の市場規模、2026年に285億米ドル到達予測

細胞治療の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR26.2%で成長し、2026年には285億米ドルに達すると予測されています。細胞治療は、機能不全や病気になった細胞を、活性化した細胞に置き換える技術と考えられています。幹細胞は、損傷や欠陥のある組織や細胞を修復する能力を持っているため、これらの高度な治療に利用されています。さらに、細胞治療は再生医療の開発にも利用されています。再生医療とは、細胞や組織、臓器の機能を維持・強化・回復することを目的とした学際的な領域であり、主に細胞治療に関連した手順で行われます。

さらに、骨髄細胞や血液細胞、成熟細胞、未成熟細胞、固形組織細胞、成体幹細胞、胚細胞などの細胞が、細胞治療の手法として広く用いられています。また、移植される細胞には、胚性幹細胞(ESC)、多能性幹細胞(iPSC)、神経幹細胞(NSC)、間葉系幹細胞(MSC)などがあり、これらは主に同種細胞療法と非同種細胞療法に分けられます。

現在、細胞治療には2つのタイプがあります。1つは、医療の主流となっている細胞治療です。このカテゴリーには、ヒト胚性幹細胞療法、間葉系幹細胞療法、神経幹細胞療法、自己細胞療法、造血幹細胞療法が含まれます。もう一つは、代替医療であり、病気を治すために動物由来の材料を注入するという行為です。米国がん協会によると、この治療法は医学的に有効であるという裏付けがなく、致命的な結果を招く可能性があると報告されています。

COVID-19パンデミックの発生により、多くのバイオ医薬品メーカーや、細胞治療開発機関が深刻な影響を受けています。これはこの分野で使用される物流や製造モデルが複雑であることが原因です。さらに、細胞ベースの治療薬を効果的に商業化するためには、多額かつ継続的な投資が不可欠であり、2020年はこの点においてもマイナスの影響を受けました。

治療の種類別展望

市場は、治療の種類別に、自己細胞治療と同種細胞治療に分けられます。自己細胞移植には莫大な費用がかかりますが、再発率が比較的低いことから、この市場は緩やかな成長が予測されます。しかし、細胞バンクの開発と企業の同種療法製品の開発への転換が、同種細胞治療市場を後押ししています。

治療分野別展望

市場は、治療分野別に、悪性腫瘍、自己免疫疾患、筋骨格疾患、皮膚科領域、その他に分類されます。2019年は悪性腫瘍が圧倒的に多く、2020年から2026年のCAGRは25.2 %での成長が予測されます。同期間に、自己免疫疾患は27.6%、筋骨格障害は、27.2%のCAGRが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]