ビジネスプロセスオートメーション(BPA)の市場規模、2026年に194億米ドル到達予測

ビジネスプロセスオートメーション(BPA)の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR13.2% で成長し、2026年には194億米ドルに達すると予測されています。ビジネスにおける反復的なタスクやプロセスを、人手に頼るのではなく、テクノロジーを活用して実行することをビジネスプロセスオートメーションといいます。ビジネスプロセスの自動化は、コスト削減、効率化、プロセスの簡素化を目的として行われます。

企業機能にとって、ビジネスプロセス管理は常に重要な要素です。近年になり、この領域に含まれる活動を洗練させ、簡素化するという可能性が出てきました。幅広い業界の企業が、企業活動におけるデジタル技術への依存度を高めており、その目的実現のために、IT投資の中で自動化が重要な位置を占めるようになっています。

戦略的なソリューションやフレームワークを導入することで、エラーや非効率なプロセスの可能性を削減し、従業員のエンゲージメントを高め、報告書の精度を向上させ、主要なスタッフがパフォーマンス向上に集中できるようにすることが、現代の職場における自動化の共通原理です。データ入力や請求書処理から、典型的なコンテンツ管理や記録の見通しまで、ビジネスプロセスオートメーションのアプリケーションは、ソリューションに対する需要が高まる中で、さらに拡大しています。

コンポーネント別展望

市場は、コンポーネント別に、プラットフォームとサービスに分けられます。2019年は、プラットフォーム市場が優勢で、2020年から2026年のCAGRは12.2 %と予測されています。サービス市場は、同年の間に15.4%のCAGRで成長すると予想されています。

ビジネス機能別展望

市場は、ビジネス機能別に、セールス&マーケティングオートメーション、サプライチェーンオートメーション、ヒューマンリソースオートメーション、アカウンティング&ファイナンスオートメーション、カスタマーサービスサポートオートメーション、その他に分類されています。2019年は、セールス&マーケティングオートメーション部門が優勢でした。

展開タイプ別展望

市場は、展開タイプ別に、オンプレミスとクラウドに分類されます。今後はオンプレミス部門が高いシェアを獲得すると考えられます。オンプレミスの導入モデルでは、ソフトウェアやプラットフォームを顧客の社内サーバーやコンピューティングフレームワークに実装し、管理します。オンプレミス型のプラットフォームを導入するための費用は、企業の資本支出(CAPEX)に含まれます。

企業規模別展望

市場は、企業規模別に、大企業と中小企業に分けられます。オンプレミス型は、多額の初期費用と手作業が必要なことから、大企業しか購入できません。大企業がオンプレミス型のBPAプラットフォームを導入するのは、機密データに関わるプライバシーやセキュリティへの懸念があるからです。

エンドユーザー別展望

市場は、エンドユーザー別に、BFSI、小売・消費財、製造、ヘルスケア、通信・IT、その他に分類されています。2019年は、BFSI部門が優位に立っています。小売・消費財市場は、2020年から2026年の間、13.5%のCAGRが予測されており、製造業部門は、同年の間に14.8%のCAGRで成長すると予測されています。また、ヘルスケア部門は、14.2%のCAGRで成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]