ビルディングインフォメーションモデリングの市場規模、2026年に129億米ドル到達予測

ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR17.2%で成長し、2026年には129億米ドルに達すると予想されています。インフラプロジェクトの計画と実行の段階で活用されるソフトウェアは、ビルディングインフォメーションモデリングとして知られています。このソフトウェアを使用することで、建築家、エンジニア、建設作業員は、抽象的なデザインをテーマにした建物を作成するための、特別なツールや媒体を手に入れることができます。BIM市場の成長は、電気、機械、配管設計の必要性とBIM導入の規制によって促進されると予想されています。

ここ数年、各国では多くの建設プロジェクトが展開されています。このような活動には、住宅用アパート、大規模ビル、商業施設、政府複合施設など、さまざまな分野が該当します。また、建設業を営む中小企業が急速に発展しており、世界のBIM市場を活性化しています。さらに、公共部門の建物にBIMを導入する際には、政府によって建設会社が従わなければならない特定の法律が制定されています。

グローバル化・工業化の進展に伴い、大規模な建築物の開発や、道路・トンネル・ダムの建設などのプロジェクトが増加しており、政府や民間企業による支出が拡大しています。同市場は、効率的なコラボレーション、モードベースのコスト予測など、BIMが建築・エンジニアリング・建設(AEC)に提供するさまざまな利点によって支えられています。

コンポーネント別展望

市場は、コンポーネント別に、ソリューションとサービスに分類されます。2019年は、ソリューションセグメントが最大シェアを獲得しました。AEC産業の間でBIMが大量に採用されていることが、この高いシェアの要因となっています。大多数の企業は、調達やデータ管理など、すべての建設活動をまとめて合理化するためにこのソリューションを採用しており、建設活動の全体的な効果を高めています。

建物の種類別展望

市場は、建物の種類によって、商業用、工業用、住宅用に分けられます。この中では、商業用の売上高が最大シェアを占めています。これは、街の開発や、ショッピングモールやレクリエーション施設の建設によるもので、エネルギー効率の高い建物や持続可能な計画への需要が、商業用建物部門を後押ししています。

プロジェクトのライフサイクルの展望

市場は、プロジェクトのライフサイクル別に、建設前、建設、運用に分けられます。建設前セグメントは、同市場の主要部門となる事が予測されます。BIMは、最初の段階であるプレコンストラクションで、プログラミング、ビジュアライゼーション、コスト計画、仕様書作成、詳細設計、コンセプト作成、建築設計、構造設計、システム設計、分析、調整などを行います。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]