搾乳器の市場規模、2026年に40億米ドル到達予想

搾乳器の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR13.8%で上昇し、2026年には40億米ドルに達すると予想されています。授乳中の女性から母乳を搾り出すための医療機器を搾乳器(ブレストポンプ)と呼びます。搾乳器には、電動式と手動式の2つのモデルがあります。さらに、電動搾乳器には、ダブル電動搾乳器とシングル電動搾乳器の2種類があります。

人々はより高度な医療技術を日常生活に取り入れています。米国やドイツなどの先進国では、搾乳器の需要が高まっていることに加えて、これらの地域に有力な市場参加者が存在するため、市場は飽和状態にあります。一方、アジアやラテンアメリカなどの発展途上国では、製品の普及率が非常に低い状況にあります。しかし、経済成長と患者の可処分所得の増加により、市場成長のための新たなゲートウェイが開かれると予測されます。

米国では、搾乳器や授乳カウンセリングなど、母乳育児を促進する機器やサービスを、患者の負担なく保険会社がカバーすることを義務付けるなど、政府による有利な取り組みが数多く行われています。このような取り組みは、市場における製品の需要を高めています。特定の法律がないため、ヘルスプランの利点は地域によって異なる可能性がありますが、費用対効果が高いサービスが行われています。

アプリケーション別展望

市場は、アプリケーション別に、ホスピタルグレードとパーソナルユースに分類されます。2019年は、ホスピタルグレードセグメントが高いシェアを獲得し、今後も突出したCAGRで成長を続けると推測されます。

技術別展望

市場は、技術別に、電動ポンプ、電池式ポンプ、手動ポンプに分類されます。2019年は、電動ポンプセグメントが、最大シェアを獲得し、今後も高い成長率を示すと予測されます。電動ポンプは、モーターで作動し、より多くの吸引を提供することで、速いポンピングを可能にします。さらに、ダブルポンピングにより、ミルクを汲み上げる時間が短縮されます。一般的に、電動ポンプはやや重く、騒音が発生することがありますが、メーカーはより高度な技術を用いて、騒音の発生を抑えながら軽量化を図っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]