血液浄化装置の市場規模、2026年に192億米ドル到達予想

血液浄化装置の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR5.3%で成長し、2026年には192億米ドルに達すると予想されています。血液浄化とは、患者の体内から機械や装置に血液を引き込み、不純物を除去して再び体内に送り込む方法を指します。血液浄化は、さまざまな腎臓・血液関連疾患において重要な役割を果たすことから、市場は活性化すると予想されます。ろ過法や透析法、吸着法などの開発により、重要な治療に血液浄化装置が採用されるようになりました。また、腎不全や臓器不全、プラズマフェレーシス、免疫代謝疾患などにも広く使用されています。

血液浄化装置の技術開発は、市場成長にプラスの影響を与えます。市場の主要プレーヤーは、革新的で高度な血液浄化装置の発売を計画しています。例えば、JafronやNxStageなどの企業は、慢性腎不全を経験した患者の死亡率を低下させる装置を生み出しています。新たに承認された血液浄化装置は、高感度で徹底した観察が可能です。さらに、これらの装置は、経済的で持ち運びに便利です。

製品別展望

市場は、製品別に、携帯型と据え置き型に分けられます。2019年は、携帯型血液浄化装置が、高い市場シェアを獲得し、今後もこの傾向を維持すると予測されます。携帯型機器は、血液を浄化するプロセスにおいて、医療専門家によって使用されます。機器の携帯性は、緊急時の効果的な治療を可能にします。さらに、携帯型機器は非常にコンパクトで場所を取らないため、その採用率はさらに高まります。

適応症別見通し

市場は、適応症別に、腎疾患、敗血症、その他に分類されます。2019年は、世界中で腎疾患の発生率が急増していることから、腎疾患セグメントが最大シェアを獲得しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]