自動マテリアルハンドリング機器の市場規模、2026年に763億米ドル到達予想

自動マテリアルハンドリング機器の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR 13.1%で成長し、2026年には763億米ドルに達すると予想されています。現代の産業における重要な側面は、ビジネスパフォーマンスの向上に役立つロジスティクス&サプライチェーンマネジメントです。物流・サプライチェーンマネジメントを活用することで、サプライヤーは在庫の簡素化、現金支出の管理改善、プロセスの機能強化などを実現し、事業活動をさらに拡大することができます。

このような状況の中、ダウンタイムや人件費を削減し、製造、輸送、流通を効率的に組み合わせ、早期に高い投資効果を得ることを目的として、自動マテリアルハンドリング機器の活用が製造業や倉庫業の各部門で広く行われています。さらに、マテリアルハンドリング業界は、人工知能、SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)、モノのインターネットなどの新興技術の統合によって革命的に変化しており、同時に、これらの技術は業界に最新のトレンドと進歩をもたらしています。

同市場は、COVID-19パンデミックの発生により、製造施設の閉鎖やサプライチェーン環境の混乱などの不確実性を目の当たりにしてきました。また、ウイルスが世界的に蔓延していることから、金融機関は将来のインフラ整備のための投資を制限しています。

人件費の削減、ワークフローの改善、プロセスの生産品質の向上などは、自動マテリアルハンドリング機器が提供する機能の一つです。コスト削減、高品質な製品の調達、時間の短縮のために、自動マテリアルハンドリング機器は自動車、電子機器、化学、ヘルスケア、食品・飲料、航空業界などで広く採用されています。製造業の間で自動化の傾向が強まっていることから、市場は緩やかな成長を遂げています。

システムタイプ別展望

市場は、システムタイプ別に、バルクロードマテリアルハンドリングシステムとユニットロードマテリアルハンドリングシステムに分類されます。ユニットロードマテリアルハンドリングシステムの市場は、今後、多大な成長を遂げると予測されます。ユニットロードマテリアルハンドリングシステムは、低コストで複数の製品を同時に管理することができるため、業界で広く採用されており、運搬回数、積み降ろしに要する時間、ハンドリングコストを削減することができます。このシステムは、電子商取引業界における需要に後押しされています。

製品別展望

市場は、製品別に、ロボット、コンベア・仕分けシステム、無人搬送車(AGV)、倉庫管理システム(WMS)、クレーン、自動保管・検索システム(ASRS)に分類されています。2019年は、ロボットセグメントが最高シェアを獲得しました。ロボットを採用することで、製造施設や倉庫施設の生産性や効率を大幅に向上させることが容易になります。ロボットは人件費を削減し、労働者を怪我から守り、大きな投資効果をもたらします。これらの利点が、製造・倉庫施設におけるロボットの需要を支えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]