再利用可能ウォーターボトルの市場規模、2026年に820億米ドル到達予想

再利用可能ウォーターボトルの市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR8.2%で成長し、2026年には820億米ドルに達すると予想されています。再利用可能ウォーターボトルは、何度も再利用できるボトルで、水、お茶、健康飲料、冷たい飲み物などの液体を運ぶために広く使用されています。再利用可能ウォーターボトルは、サイズ、材質、色、デザイン、形状と多様で、市場で簡単にアクセス可能な商品です。さらに、製品が提供する低価格、容易なアクセス、利便性などの決定的要因により、世界中で需要が急増しています。

ここ数年、スポーツや旅行業界における再利用可能ウォーターボトルの需要が高まっていることから、市場は世界各国で拡大しています。さらに、そのコスト効率の良さが、市場の成長を後押ししています。また、消費者の嗜好やライフスタイルの変化、新興国における可処分所得の増加に伴う生活水準の向上なども、市場成長の要因となっています。さらに、オンラインショッピングの普及も、今後の市場成長に拍車をかけると考えられます。

プラスチック汚染は世界に大きな脅威をもたらしており、使い捨てのペットボトルに起因する深刻な環境問題が、再利用可能ウォーターボトルの需要を押し上げています。世界中の多くの人々が、健康的なライフスタイルを維持するために、職場、学校、大学、家庭などで再利用可能ウォーターボトルを利用しています。これは、土地・土壌・地下水汚染の主な原因の一つである埋立地の削減につながります。また、使い捨てのペットボトルが環境に与える影響について人々の意識が高まっていることや、海や埋め立て地でのプラスチック廃棄物の急増が、市場の成長を促進しています。

素材別の展望

市場は、素材別に、プラスチック、ステンレス、シリコン、ガラス、その他に分類されます。2019年は、プラスチックセグメントが最も高いシェアを獲得しました。メーカーの製造コストが安いことが、同セグメントのシェアにつながっています。再利用可能なプラスチック製水筒の寿命が長いことも、同セグメントの成長率に寄与しています。

流通チャネル別展望

市場は、流通チャネル別に、ハイパーマーケット・スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、専門店に分類されています。オンラインセグメントは、今後、高い成長率を示すことが予想されます。eコマースプラットフォームやスマートガジェットの普及、簡単な支払い方法、割引などが、このセグメントの成長を促進しています。さらに、オンラインプラットフォームを通じて様々な製品を比較することができることも、このセグメントの成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]