エンドウ豆タンパク質の市場規模、2026年に4億3100万米ドル到達予測

エンドウ豆タンパク質の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR18.6%で成長し、2026年には4億3100万米ドルに達すると予測されています。エンドウ豆タンパク質とは、エンドウ豆から得られるたんぱく質のことで、ファーストフード、シリアル、ミールリプレイスメントシェイク、エナジーバーなど、幅広い食品に利用されています。

肉は長年にわたり主要なタンパク源とされてきました。しかし、ここ数年は、健康問題や環境問題の高まりを受けて、植物性タンパク質が食品・飲料分野で高い人気を集めています。肉を使わない代替肉は、消費者の長年の夢でしたが、現在では、実現可能な選択肢として代替肉が登場し、支持を得ています。さらに、世界の食品業界ではフェイクミート革命が起こっており、エンドウ豆タンパク質は、肉、乳製品、魚介類の代替品メーカーの間で大きな注目を集めています。

健康的な食生活やライフスタイルに対する消費者の意識の高まりが、需要を促進し、エンドウ豆タンパク質市場の成長につながると期待されています。さらに、エネルギーバランス、体重減少、筋肉の修復など、特定の機能を増強する製品開発により、市場はさらなる成長が期待されています。エンドウ豆タンパク質は、グリーンピース、ひよこ豆、ドライピースなどの数種類のエンドウ豆から得られ、テクスチャー、濃縮、分離の形態で入手できます。

北米、欧州、アジア太平洋地域でのCOVID-19の症例増加が、政府の厳しいロックダウン規範と相まって、食品・飲料業界を減速させています。貿易、輸送、社会的距離のガイドラインに関する厳しい規範や制限により、サプライチェーンが混乱し、原材料が不足する可能性があります。

アプリケーション別の見通し

市場は、アプリケーション別に、栄養補助食品、ベーカリー製品、肉代替品、飲料、その他のアプリケーションに分類されます。肉代替品分野は、今後、高い成長率を示すと考えられます。肥満や糖尿病などの健康問題の増加により、多くの人がヴィーガン食を取り入れるようになりました。さらに、動物の飼育は、天然資源に著しい影響を与え、地球温暖化の原因にもなっています。この影響に対する意識が高まることで、食習慣がよりベジタリアン食に傾き、肉代替品市場の成長が促進されると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]