パスタソースの市場規模、2026年に166億米ドル到達予測

パスタソースの市場規模は、2020年から2026年のCAGR6%で成長し、2026年には166億米ドルに達すると予測されています。パスタソースは、パスタの全体的な風味、味、質感、香りを向上させるトッピングやブレンド成分を含んでいます。また、アルフレッド、ペスト、マリナラなどの種類があり、チーズ、トマト、バジルなどの様々な材料で構成されています。パスタは、最も好まれるイタリア料理の一つと考えられており、世界レベルで人気を博しています。パスタの高い需要とともに、パスタソースの消費量は増加しています。食欲をそそる風味により、パスタソースの需要は世界的に拡大しています。グルテンフリー、オーガニック、非遺伝子組み換え原料を使用したものへと、パスタソース製品は長い年月をかけて発展を遂げてきました。

パスタソース市場の成長は、米やその他の主食の代替としてパスタが使用されるようになったことで、ますます促進されています。パッケージ化されたパスタソースを使用すれば、ソースに必要な各材料が一度に入手でき、料理を作る時間を大幅に短縮することができます。そのため、学生や社会人の間でも注目されています。ここ数年、世界的に中産階級の人口が増加したことで、輸入食品や農作物への依存度が高くなっています。パスタをはじめとするコンビニエンスパッケージ食品の需要は、都市化の進展に伴う中間層の人口増加によって高まっています。

ソースベース別の展望

市場は、ソースベース別に、野菜ベースと肉ベースに分類されます。2019年は、野菜ベースセグメントが、高い市場シェアを獲得すると予測されます。自宅でパスタを調理する人の大部分が、多種の野菜の食材を使うことを好むため、市場は野菜ソースセグメントに占められています。また、既製のソースの大半は野菜ベースであり、ヴィーガンやベジタリアンの消費者にも適しています。

製品別の展望

市場は、製品別に、トマトベース&マリナーラ、ラグ&ボロネーゼ、ペスト、アルフレッド&4種のチーズ、その他に分類されます。アルフレッド&4種のチーズセグメントは、今後も高い成長率を示すと考えられます。南アジア諸国では、パスタソースの登場がまだ新しいこともあり、リッチでクリーミーなソースを求める傾向が強まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]