包装済みヒマワリの種の市場規模、2026年に14億米ドル到達予想

包装済みヒマワリの種の市場規模は、2020年から2026年の間に9.5%のCAGRで成長し、2026年には14億米ドルに達すると予想されています。包装済みヒマワリの種は、黒と白の縞模様がある非油性のヒマワリから作られた食品です。健康的なおやつとして食べられ、様々なサイズがあります。ヒマワリの種には、脂溶性の抗酸化物質、ビタミンE、健康的な脂質、食物繊維など、数多くの栄養素が含まれており、より健康的に摂取することができます。ヒマワリの種はナッツのような食感で、健康志向の高い消費者にスナックとして広く好まれています。

人々の嗜好は、より健康的なライフスタイルを維持する方向に変化しています。健康志向への需要が高まり、同市場は今後数年間でさらに成長すると考えられます。ヒマワリの種には、癌の予防、炎症の抑制、糖尿病の治療、老化の抑制などの健康上の利点があります。また、動脈硬化や変形性関節症を引き起こすリスクを低減するビタミンEや、偏頭痛や高血圧症の予防、筋肉の痙攣の解消に役立つマグネシウムが含まれています。

ここ数年、ヒマワリの栽培面積が増加していることが、市場の成長を後押ししています。アジア太平洋地域および欧州地域におけるヒマワリ作物の需要の高まり、植物油の需要の高まり、ヒマワリ種子のコスト削減、ヒマワリ作物の価格の高さなどが、ヒマワリ市場の作物栽培面積の増加を支えている主な要因です。

流通チャネル別展望

市場は、流通チャネル別に、オフラインとオンラインに分けられます。2019年は、オフラインセグメントが最大シェアを獲得しました。ローカルまたはグローバルなスーパーマーケットやハイパーマーケットのチェーンは、同市場の主要な流通チャネルの一つです。これらのスーパーマーケットが提供する幅広い製品と大幅な割引は、大量の人口をその小売店に引き寄せます。

製品別展望

市場は、製品別に、塩味、ランチ味、BBQ味、ディルピクルス味、プレーン、その他に分類されます。今後は、ランチ味セグメントが最も速い成長率を記録すると考えられます。このフレーバーのクリーミーでピリッとした味は、近年、北米地域で大きな人気を集めています。ベーコンランチ、バッファロースタイルランチなどの最新フレーバーがあり、今後の成長率が期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]