中高精度GPS受信機の市場規模、2026年に37億米ドル到達予想

中高精度GPS受信機の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR11.1%で成長し、2026年には37億米ドルに達すると予想されています。GPS受信機には、アンテナ信号をフィルタリング、増幅、ダウンコンバートするための低ノイズのアナログフロントエンドが含まれています。また、アンテナ信号をフィルタリング・増幅・ダウンコンバートするための低ノイズのアナログフロントエンドと、直交IF信号をデジタル化するためのアナログデジタルコンバーター(ADC)、そして、老舗のプロセッサコアを搭載したASICに組み込まれた対応力の高いデジタルシグナルプロセッサが搭載されています。

このアーキテクチャの最大の特徴は、独立した数十の信号経路(チャンネル)に対応して動作するカスタムデジタルシグナルプロセッサーです。各チャネルは、デジタル相関器を使用して、送信データのPRNシーケンスを識別、監視し、予測可能なPRN信号と相関させ、時間的に変化させ、スケーリングします。

総合的なGPSインフラを強化するための継続的な開発、建設業界におけるGPS受信機の採用の増加、技術的進歩とGPS補強システムの増加、さらに費用対効果の高いGPSソリューションへのアクセスの増加などの要因が、市場の成長を促進します。しかし、最新技術の採用が遅れていること、衛星の利用可能性に対する信頼性が高いこと、COVID-19パンデミックによるGPS受信機の需要減少などが市場の成長を妨げています。一方で、UAV(Automated Aerial Vehicle:自動飛行体)の商業利用が増加していることから、将来的にはGPS受信機の採用に向けた新たな成長の道が開かれています。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、サーベイグレードとディファレンシャルグレードに分けられます。今後は、サーベイグレードが最大シェアを獲得すると予測されます。この種のレシーバーは、リアルタイムまたはスタティックモードで連続的なネットワーク精度を達成するために開発されています。サーベイグレードのGPS受信機は、専門の測量士を中心に、高い測定精度を達成するために使用されます。

産業分野別展望

市場は、産業分野別に、農業、鉱業、石油・ガス、建設、その他に分類されます。今後は、鉱業部門が高い成長率を示すと考えられます。鉱業部門におけるGPSの用途は、土地の測量とマッピング、ショベル、ブラストホールの掘削、ローダー、ドーザー、グレーダー、運搬トラック、GNSS測量、車両の追跡と発送など、多岐にわたります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]