蜂蜜の市場規模、2026年に142億米ドル到達予測

蜂蜜の市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR11.6%で成長し、2026年には142億米ドルに達すると予測されています。蜂蜜は、ミツバチやその他の小さな昆虫が作り出す半液体の甘い物質です。ミツバチは、花や植物から抽出した蜜を蜂の巣に蓄えて蜂蜜を作りますが、他の昆虫は、酵素や消化活動によって蜂蜜を作ります。蜂蜜には、長期保存に適した独特の成分と化学的性質があります。蜂蜜の抗菌性と創傷剥離を促進する機能は、蜂蜜の消費に貢献しています。また、蜂蜜には傷ついた組織を回復させ、治癒を促進する効果もあります。

蜂蜜は、加工食品、ゼリー、飲料、ジャムなどに広く利用されています。その様々な健康効果と化学的特性から、ヘルスケアや美容業界でも使用されています。多くの研究により、蜂蜜は血圧やコレステロールなどの心臓病の危険因子を減少させ、傷や喉の感染症の治癒にも役立つことが分かっています。ハチミツには様々な健康上のメリットがあるため、健康志向の高い人々の間でハチミツの需要が高まっており、市場成長率の上昇に貢献しています。ハチミツの主な生産国はトルコと中国で、ハチミツの主な輸入国はドイツと日本となっています。

アプリケーション別の展望

市場は、アプリケーション別に、食品・飲料、パーソナルケア・化粧品、医薬品に分類されています。2019年は、食品・飲料分野が最大シェアを獲得しており、ノンアルコール飲料やベーカリー製品、アルコール飲料のフレーバーとして蜂蜜が幅広く活用されています。しかし、製品への不純物の混入は、市場における重要な課題となっています。

流通チャネル別展望

市場は、流通チャネル別に、オンライン、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、コンビニエンスストアに分類されます。利便性の高いEコマースプラットフォームの人気が高まっていることから、オンライン市場は最も高い成長率を示すと予想されています。さらに、幅広い種類の商品を割引価格で玄関先まで配達してくれる利点が、オンラインセグメントの成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]