エンハンストウォーターの市場規模、2026年に107億米ドル到達予測

エンハンストウォーター(強化水)の市場規模は、2020年から2026年の間に13.5%のCAGRで成長し、2026年には107億米ドルに達すると予測されています。ミネラル、ビタミン、天然または人工のフレーバーなど、健康に良い成分を配合し、味と栄養を与えた飲料をエンハンストウォーターと呼びます。通常、エンハンストウォーターは、同量の炭酸飲料と比較して糖分が少なく、飲料の種類に応じてミネラルやビタミンを摂取できます。近年、消費者はフレーバー付きの栄養ドリンクを好んでおり、炭酸飲料からより健康的な飲料へと嗜好が変化しています。現在、肥満は世界的な問題となっており、多くの人々が糖尿病や高・低血圧などの病気に悩まされている事も一因となっています。

エンハンストウォーター市場の主なトレンドは、爽やかで健康的な水分補給飲料に対する需要の高まりです。同市場は、砂糖や添加物を含む炭酸飲料よりも、フレーバー飲料を好む顧客によって促進されます。市場の成長は、急速な都市化と、アウトドアでのボトル入り飲料水の使用頻度の上昇によって促進されます。現在のライフスタイルと消化器系の健康に対する高い関心が、市場の成長を押し上げています。エンハンストウォーターの需要は、一般的なウェルネスと健康のトレンドなどの意識の高まりによって促進されます。

エンハンストウォーター市場は、消費者の間で健康を意識したライフスタイルが増えていることから、今後数年間で大きな発展を遂げると考えられます。現在、この市場は発展段階にあり、大きな成長の可能性を秘めています。市場では、機器や製造設備に膨大な固定価格が設定されています。また、製品が傷みやすいことから、保管施設に莫大な資金が必要となります。また、生産設備や機械設備に多額の資金を必要とするため、一度参入すると、市場からの撤退も非常に困難です。このような点から、主要市場のプレーヤー間の競争は激化しています。市場に参入している企業の多くが、新しいテイストのブランドを提供しており、この事が企業の競争力を高め、ブランドイメージを確立するのに役立っています。

製品別展望

市場は、製品別に、フレーバータイプとプレーンタイプに分類されます。2019年は、フレーバータイプが市場シェアを占めました。これらの製品は、特定のフレーバーを好む人々の食生活の中で重要な位置を占めるようになっています。

流通チャネル別展望

市場は、流通チャネル別に、オフラインとオンラインに分けられます。今後は、オンラインセグメントが高い成長率を示すと考えられます。オンラインの流通チャネルには、電子商取引プラットフォームが含まれます。これらのオンラインプラットフォームは、メーカーまたはサードパーティによって実装されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]