電動アシスト自転車の市場規模、2026年に732億米ドル到達予測

電動アシスト自転車(E-BIKE)の市場規模は、2020年から2026年の間のCAGR 11.2% で成長し、2026年には732億米ドルに達すると予測されています。電動アシスト自転車には、ペダル、内蔵の電気モーター、充電式バッテリーなど、推進力を高めるためのさまざまなコンポーネントが搭載されています。また、従来の自転車とは異なり、通勤者などが、比較的高速で長距離を移動することを可能にします。さらに、電動スクーターやモーターサイクル、モペットに比べて比較的安価であり、保険や免許も不要です。こういった点からも、電動アシスト自転車は、オランダ、中国、インド、日本などの国々で高い人気を得ている新しいテクノロジーです。しかし、同産業はまだ初期段階にあり、拡大の余地が多くあります。

電動市場は、マクロおよびミクロ経済的側面の融合によって再定義されるでしょう。快適で環境に優しい電動アシスト自転車の製造とデザインは、技術開発によって常に改良されています。消費者は、二酸化炭素排出量の削減が急務であることをより強く意識するようになっており、この点が電動アシスト自転車の需要にプラスの影響を与えると考えられます。

電動アシスト自転車の販売は、各国の有利な政策や厳しいルールに支えられています。特に欧州や北米の大都市では、レンタルサービスや公共の充電設備などの革新的なコンセプトが求められています。高効率のバッテリーを開発したり、優れた性能の車両を開発したりするために、様々な市場のプレーヤーが研究開発活動に資金を提供することで、電動アシスト自転車の採用は増加するでしょう。さらに、メーカーは、電動アシスト自転車を環境に優しい製品としてアピールするなど、さまざまなマーケティング戦略を採用しています。これらの製品は、大気汚染を低減するだけでなく、排出量が少ないため、温室効果を大幅に低減することができます。

駆動方式別の展望

市場は、駆動方式別に、ハブモーター、ミッドドライブ、その他に分類されます。電動アシスト自転車市場ではハブモーターが主流であり、今後もこの傾向が続くと考えられます。ハブモーターが低価格なのは、同じような設計のものを長年にわたって一貫して使用してきたことによります。しかし、ハブモーターはミッドドライブに比べて相対的に重く、電動アシスト自転車のサスペンションの効率を制限する可能性があります。ハブモーターは、用途に応じてリアとフロントの両方に使用されるため、電動アシスト自転車市場は、ハブモーター分野の収益源として期待されています。

電池の種類別展望

市場は、電池の種類別に、リチウムイオン(Li-ion)、鉛酸(Lead Acid)、その他に分類されます。2019年は、リチウムイオンセグメントが、最も高いシェアを獲得しました。この成長は、軽量、大容量などリチウムイオン電池の特性に起因しており、さらに、ここ数年で価格も急激に低下しています。鉛蓄電池は、化学物質によって有害なガスが発生し、環境問題につながるため、各国政府はその使用に厳しい規制をかけています。また、地下水に含まれる鉛の放出は、人間の健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]